暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Colombo e Annie Lennox
引き続き、ディナー後のリラックスタイムに「刑事コロンボColombo」を
片っ端から観ている。
自分たちの記録のために書き連ねると...

『構想の死角Murder by the Book』(第1シーズン#1:作品#3)
『指輪の爪あとDeath Lends a Hand』(第1シーズン#2:作品#4)
『ホリスター将軍のコレクションDead Weight』(第1シーズン#3:作品#5)
『もう一つの鍵Lady in Waiting』(第1シーズン#4:作品#6)
『死の方程式Short Fuse』(第1シーズン#5:作品#7)
『パイルD-3の壁Blueprint for Murder』(第1シーズン#6:作品#8)
...とこれで第1シーズン制覇し、続けて...
『黒のエチュードEtude in Black』(第2シーズン#1:作品#9)
『悪の温室The Greenhouse Jungle』(第2シーズン#2:作品#10)
...と第2シーズン制覇に着手。

(あんたら、どんだけ暇なんだ?って話...)

この『悪の温室』を観ていたら、最初の場面でバルがいきなり大爆笑。
何かと首を傾げると、画面を止めて、
「今の見た?...(笑)...ハリウッド映画では特に顕著だけどさ、女優さん、
突然に相手が電話を切った後、必ず受話器部分を覗き込んでから切るんだよね。
受話器に何があるっていうんだい?画面でもついていて相手が映るのかい?
そんなわけないのに、必ずって言っていいほど受話器を...(略)」
と大笑いで説明しつつ、巻き戻してくれる...おお、確かに受話器を覗き込んでいる!
そう言われて意識して観ると、滑稽な仕草で笑える。

バルはこういう突っ込みどころを見つけるのが上手い。
(いつもはCNNのキャスターたちを相手に切りまくっている...)
コロンボ並の観察力、というと言い過ぎか...。

ちなみに、私が電話でお辞儀したり、身振り手振りを使っているとやはり爆笑。
じっと私を観察した後に、必ずそれを真似て、私をからかう。
(日本人が相槌を打つのに首を頻繁に縦に振るのもひどく可笑しく不思議らしい...
よくまぁむちうちにならないもんだ、といつも笑いながら真似をする)

時に意外な口癖や身振り手振りの癖を知ることになるが、仕事に役立つとは言え、
あんまりにも的確で上手いから、ちょっぴり気分が始末が悪い。
ま、生きた日本文化に触れている(?)ってなことにしておこう...。

連想的に書いていたら、話が逸れまくってしまった。
とは言え、何のテーマ性もないのだけれど。

で、「刑事コロンボ」を観ているせいで、睡眠時間が短くなることがままある。
それを補うために(というのを口実にして)夕寝をする私。
90分後にぼんやり目覚める、至福のまどろみタイムに聴こえてきたのが...

アニー・レノックスAnnie Lennox。
機嫌良くバルが口笛を吹きながら、彼女のCDを楽しんでいた。

私は固有名詞の記憶貯蔵庫がないので、彼女の名前に覚えはなく、
彼女がいたユーリズミックスEurythmicsというバンド名は言われれば覚えがある、
という程度。
でも、その音楽は記憶にある。

今回、あらためて聴いて、
素敵な心地よい声だなー、気分の良い音楽だなー、好きだなー、と思った次第。
今この瞬間のBGMは、ソロ・デビュー・アルバム『ディーヴァDiva』(1992)。

音楽に満ちた空間の中、いい感じで目覚めて、睡眠不足も補えたことだし、
今宵も「刑事コロンボ」を観るとしますか!
(健康生活習慣の観点からすると、確実にだめだめスパイラルに陥っている...)

追記:本日の写真は「刑事コロンボColombo」に因んで...鳩。
(写真なしのブログはいかん!とばかり、バルが本日も提供)
その心は、と言うと、「刑事コロンボ」は以前にご紹介した通り、
英語と伊語では綴りが異なり、英語はColumbo、伊語はColombo。
そして、伊語では、鳩はpicconeあるいはcolomboだそう。
ちなみに、picconeの方がややカジュアルかつ少し嫌っている感があるらしく、
colomboの方がどちらかと言えば洗練された呼び方らしい。
ちなみに、この写真、きをつけ!→(廻り右!)→休め!ってな感じで可愛い。

Colombo

Colombo

Colombo, ancora Colombo, stiamo facendo indigestione di Colombo. Ma tant'e' accattivante e interessante, che la possibilita' di vederne tutti gli episodi viene sfruttata adeguatamente.

Grandi risate oggi perche' in una scena la protagonista sta parlando al telefono con i rapitori e poi dall'altra parte riattaccano. E quella cosa fa? Continua a dire 'pronto? pronto?' e poi, non ricevendo risposta (ovviamente), fissa la cornetta del telefono con aria interrogativa, prima di riabbassarla. Perche'? che senso ha fissare la cornetta? Non e' mica un I-Phone, o un televisore. Nessuno di noi fissa la cornetta del telefono con aria interrogativa quando dall'altra parte non rispondono, ma si tratta chiaramente di un trucco scenico tipico dei film hollywoodiani, e' una mimica tesa ad evidenziare che dall'altra parte non c'e' nessuno, e non ha alcuna corrispondenza con la realta'.
Eppure gli spettatori in genere non notano questo gesto, fa parte del linguaggio narrativo, e la narrativa e' altra cosa rispetto alla realta'.

Gesti invece facenti parte della realta', ed indice quasi sicuramente di nervosismo, disagio o peggio nevrosi, sono quelli che alcuni 'meteorologi' della CNN fanno quando presentano le previsioni del tempo.
Ad esempio una bionda di mezza eta', inglese, che parla rapidamente e in modo quasi incomprensibile seppur raffinato, come a dire che appartiene ad una classe sociale nettamente piu' elevata, oscilla in continuazione il braccio sinistro tenendolo orizzontalmente all'altezza della pancia: come a dire 'non so che farmene di questa appendice, meglio che la metto in movimento, cosi' fa qualcosa'.
Apparente narcisismo elevato all'ennesima potenza invece da parte della collega americana, di colore, decisamente piu' giovane e carina, la quale viene da noi costantemente presa in giro per il fatto che copre costantemente con la sua figura le aree geografiche di cui sta parlando, soprattutto il Giappone, per il quale sembra avere un odio totale. Ma il movimento delle mani, sempre impegnate a tormentare il telecomando dello schermo, tradisce il fatto che la signora non e' affatto sicura di se', e il cambiamente frequentissimo di vestiti spesso a colori sgargianti tradisce il fatto che si tratta di una persona probabilmente molto insicura e non contenta del suo aspetto fisico.

L'abilita' nell'osservare dettagli che ad altri sfuggono, caratteristica fondamentale della figura di Colombo, e' una delle capacita' che la mia compagna mi riconosce piu' frequentemente. Si tratta se vogliamo della 'vista' interiore, non certo la vista fisica appunto, ma l'osservazione che proviene dall'intelligenza: e ironia delle ironie, Colombo e' interpretato da un attore, Peter Falk, che ha un occhio solo, essendo l'altro di vetro!

A tarda sera discutiamo ancora di Colombo, ed io che spiego alla mia compagna che la grafia americana 'Columbo' e' se vogliamo un errore, dato che l'intenzione era di usare un cognome italiano e si sono ispirati al termine latino 'Columbus', invece che a quello italiano appunto. Colombo e' anche il cognome dello scopritore delle americhe, e colombo e' il nome di una famiglia di uccelli particolarmente abbondanti non solo in Italia, dove vengono chiamati piu' comunemente con il termine un tantino piu' spregiativo 'Piccioni', ma in tutto il mondo: ne abbiamo visti parecchi negli States e qui pure in Giappone sono di casa.
Non certo intelligenti e intuitivi come il personaggio di Colombo, i piccioni hanno pero' un gran successo nell'adattarsi alle condizioni di vita da incubo delle metropoli moderne, ed e' percio' che sono cosi' abbondanti e spesso invadenti.
Nelle foto un piccione (colombo) romano ripreso alcuni anni fa durante la Festa della Repubblica con un obiettivo Nikon da 300 mm. Volevo riprendere le Frecce Tricolore, ma mi sono ritrovato a fotografare piccioni e gabbiani... MAH

Che c'entra Annie Lennox? Nulla, solo che stiamo ascoltando musica sua in questo periodo e ieri, al risveglio dal pisolino pomeridiano, la mia compagna ha sentito me fischiettare la musica appunto di Annie Lennox... E questo l'ha riempita di serenita' e gioia.
 
 
関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/09/24】 |  Musica / 音楽 | COMMENT(2) |
コメント
なつかしの「刑事コロンボ」
こんにちは!
「刑事コロンボ」イタリアのテレビでやっていて、うわ~なつかしいなぁ…と、思ったのですが、バル&私さんご夫婦は、ファンなのですね!!
私、あの口笛(?)の音楽を聴くと、むしょうに実家に帰りたくなります。昔、家族で見ていた記憶が蘇るみたい。
バルさん、いつもながら観察眼鋭いですね^^。
私も、ウンウンって頷く癖、イタリアでは変なのでやめたいんだけど、体に染み付いて離れません。
でも、イタリア人のボディーランゲッジもかなり面白いですよね。言葉は分からなくても、身振り手振りを見ていると、なんとなく話し手の感情が伝わってきます。

鳩の写真が、ササッと出てくる辺り、バルさんの写真コレクションの充実振りが伺えてちょっと可笑しかったです~。
【2009/09/25】 URL | makicina #vXefid6w [ 編集]

Re: なつかしの「刑事コロンボ」
makicinaさん

こんにちはー!

> 私、あの口笛(?)の音楽を聴くと、むしょうに実家に帰りたくなります。
分かるような気がします。
あの音楽って、記憶に残りますよね・・・
それに、音と匂いって記憶との結びつきが強いらしいですし。

ところで、今、イタリアで放映されている 「刑事コロンボ」は、
原語+字幕ですか?あるいは吹き替えですか?
イタリアって吹き替えにものすごく自信があるって聴いたので・・・
日本は確か吹き替えが基本だったような気がします。
しばらく日本の声優さんの声が忘れられず、
本当のコロンボの声に強い違和感を感じてしまいました。

> でも、イタリア人のボディーランゲッジもかなり面白いですよね。
かなり沢山あるようですね。
そのうえ地域・州によっても表現がいろいろ違うらしいですね。
感情が激しく豊かな分だけ、バリエーションに富むんでしょうかねー。

> 鳩の写真が、ササッと出てくる辺り、バルさんの写真コレクションの充実振りが伺えてちょっと可笑しかったです~。
おお、確かに...makicinaさん、ナイスポイント、です!
コロンボばり、です!
ホント、写真が好きなうえに、見せたがり星人、なんです。
今日の記事にも後でどんな写真を選んでくるか...お楽しみにー(?)。
【2009/09/25】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。