暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Vacanza:JPN - Miyazaki #2
宮崎滞在中は、ほぼ晴天に恵まれた。

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

夏も終わりにさしかかっていたこともあるが、そもそも風が強く、波も激しく、
遊泳禁止、マリンスポーツのみOKという場所だったり、
柵で囲われていて、入ることさえ禁止しているのか?という場所だったり。
(抜け道?のようなものがあり、結局は入れるのだが)

そんなわけで、カイトを飛ばすにはもってこい。
時にふくらはぎやももを風に運ばれた砂に打たれつつ、太陽が照りつける中、
無心に、ひたすらカイトを操り、風と対話するバル。

私も少し楽しんだが、顔を上にずっとあげてカイトを見ながら操作していると、
首が痛くなってしまって、そんなに長時間は集中できず。
カイトは首の筋肉を鍛えないと無理、と判明。
何事も基本は体力、筋力!

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

ちなみに、カイトの面白さとは、
二本の紐で飛ばす方向や回転が自由自在に操れる、という点。
バルがやると、高く舞い上がったカイトがぐるんぐるん小さく10回も回転する。
あるいは、ぐぃーんと左に右にと大きく旋回する。

カイト(伊aquiloni / 英kites)愛好家のバル。
イタリアのAlivola社の製品がお気に入り。
さすがイタリア、カラフルで楽しく、大きさもデザインもいろいろある。

近所でも宮崎のように人をあまり気にせずに飛ばせる所が見つかるといいな...

さて、滞在中、たった一日だけ、かなり激しい雷が長時間続いた夜があった。
最初は誰かが市販の花火を浜辺で打ち上げているのが部屋から見えたので、
それを見ていたのだが、何と、間もなく、雷がそれにコラボ。

音の様子からかなり遠いと分かり、安心して撮影に勤しむバル。
雷はリズムを刻むわけでもないため、なかなか「瞬間」を捉えるのが難しい。
70枚ほども撮った中で何枚かに稲妻が。

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

その後の数日はまた晴天に戻り、
今度は海と曇に反射する光が美しい満月の夜に。

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

いろんな宮崎の表情を楽しんだ我々。
オマケに(?)かなり大きめの地震まで体験。
二人して頼りない造りの食卓の下に身を潜めてやり過ごしたっけ。
とほほ。

一番健康的で楽しかったのは、
風の強い海辺に沿って作られた松の防風林内の小道を自転車で走り回ったこと。
私は何年ぶりに乗っただろう、というくらい久々の自転車。

Vacanza:JPN - Miyazaki #2

木陰で涼しく、適度な距離も、アップダウンもあり、と気持ち良かった♪

追記:バルのイタリア語記事を訳してもらって、付けたしたくなったこと。
それは蝉cicaleのこと。

イタリアの蝉は日本の蝉のような独特な鳴き方はしない、らしい。
バル曰く、日本の蝉の鳴き声にはオリジナリティがある!面白い!だそう。

夏になって間もなく、道を歩いていたら、バルが突然、
「この音、何?電線の異常?」と言う。
聴こえていたのは、私には当たり前のみんみん蝉の鳴き声。
「みーん、みんみんみん、みーーーぃーーーん」
蝉だよ、と教えると、なぜか大爆笑するバル。
「蝉なんだ。日本語では何て言うの?semi?ふーん、mi-mi semiかぁ...」
といたく気に入った様子。(何が?)

そして宮崎の松林を歩いていた時、今度は別の鳴き声が。
「あれもsemi?」と訊ねるバルに、
そうだよ、あれは別の種類でね、鳴き方が面白いでしょう?あれはね、
「つくつくぼうし、つくつくぼうし、つくつく、つくつく、つくつく、みぃーーーん」
って鳴くつくつくぼうしっていう蝉で、夏の終わりによく聴こえてくるんだよ、と教えると、
「ふーん、mi-mi semiの方がなんとなく好きだな」

後日、我が家に戻ってから、みんみん蝉が健在に鳴くのを喜ぶ(?)バル。
「ちかちかぶんぶんcica-cica-bum-bumじゃないね」
...大爆笑の私。
つくつくぼうし、が覚えられず、いつの間にか新しい鳴き声がいっちょ出来上がり。
ちかちかぶんぶん...そんな鳴き声の蝉がいたら好きかも...ひょうきん。

動物の鳴き声、物事の動作音、といった擬音語や擬態語は各国それぞれで面白い。
バルもしょっちゅう日本のそれを訊ねては大笑いする。
そのうち、まとめてブログに書いてみたいものだ、と思っている。


La fine dell'estate, come gia' detto, e' perfetta per molte ragioni per la vacanza ideale: poca gente in giro, il tempo che in generale e' ancora bello e spesso l'abbondante vento dal mare, che e' la forza principale per far volare gli aquiloni, soprattutto quelli acrobatici.
Gli aquiloni acrobatici, a differenza di quelli classici che hanno un lungo filo e li si fa volare piu' in alto possibile, hanno invece due fili, non molto lunghi (dell'ordine delle decine di metri), e il divertimento consiste nel pilotarli come dei minideltaplani o parapendii, in modo tale da fargli compiere acrobatiche traiettorie. Una volta appreso il principio e' molto divertente farli volare, a patto appunto che il vento sia sufficiente e si disponga di una discreta forza muscolare. Se il vento e' infatti forte, come i primi giorni della nostra permanenza a Miyazaki, l'aquilone acrobatico esercita una trazione considerevole ed e' necessaria forza di gambe e di braccia per comandarlo a dovere. La mia compagna, dopo il primo pomeriggio in spiaggia a far volare gli aquiloni, la sera lamentava un certo dolore al collo, per tenere la testa in su a guardare le evoluzioni ;-)

Spesso dopo il vento arriva la tempesta, ed infatti una sera il temporale e' arrivato con grande sfoggio di lampi, soprattutto, dato che era lontano, sul mare. Il mio pensiero e' stato per quei poveracci pescatori, che spesso rischiano la vita in mare per guadagnarsi da vivere. Ma poi ho afferrato la macchina fotografica e, armato di monopiede per stabilizzarla, ho iniziato a scattare a raffica fotografie di tre secondi l'una per cercare di catturare qualche fulmine. Fatica alla fine ricompensata da due o tre fotogrammi decenti, sui settanta e oltre scattati.
Nelle foto pubblicate risulta evidente il fulmine verso il mare, ma in altre risulta ancora piu' chiaro come la maggior parte dei fulmini avvengano orizzontalmente, tra nuvola e nuvola.

Dopo il temporale la luna piena, che fa capolino tra le nuvole, e' pure uno spettacolo da guardare con ammirazione. Anche in questo caso per ottenere due o tre scatti decenti ho dovuto scattare molte foto e tentare diversi tempi di posa e sensibilita', oltre ad aspettare che le nuvole muovendosi creino l'illuminazione giusta. Ma si tratta di un bel divertimento, dopotutto e' vacanza...

E il correre in bicicletta nella pineta di Seagaia, la spiaggia di Miyazaki, e' stato pure un divertimento notevole, con il rumore solo delle cicale, che qui in Giappone fanno dei suoni molto diversi tra loro e che a me sono sembrati strani e diversi da quelle italiane: la prima volta che ne ho sentita una a inizio estate, vicino casa, ho detto alla mia compagna che ci doveva essere un problema ad una linea di corrente vicino a casa nostra, dato il forte ronzio. Ma che corrente, ha risposto lei, sono le cicale, 'semi', come le chiamano qui, e quella che sentivo io faceva un verso tipo 'mi-mi-mi-mi-miiiiiiiii'. Tipo ronzare di corrente elettrica, appunto.
Ma a Miyazaki c'erano le cicale 'di fine estate', i saldi insomma, quelle che fanno un verso completamente diverso, tipo samba brasiliana, ovvero: 'zuca-zuca-bosci, zuca-zuca-bosci, miiiiiiiiiiii'.
Esse annunciano che l'estate e' prossima alla fine, dato il diverso tipo di cicale. Io dal canto mio, tornato a casa, ho sentito di nuovo le cicale 'mi-mi', e ho detto alla mia compagna 'strano, qui ci sono ancora le semi 'mi-mi', e non invece le 'cica-cica-bum-bum' (dato che non mi ricordavo 'zuca-zuca-bosci'). Pure le cicale sono strane qui, MAH!!!!
 
 
関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/09/13】 |  Foto: Vacanze in Giappone | COMMENT(2) |
コメント

空の青さがとっても綺麗ですね。
でもって、あの海と雲と光の写真もすごく素敵。
のんびりとくつろげたヴァカンスだったようですね。
子供がいると、なかなかそういった時間を過ごすのは難しいんですが、わたしもゆっくりと海でヴァカンス、あこがれます。

事後報告になりますが、私のブログにリンクを張らせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。
たまにバルさんにイタリア語でコメントを・・・って思うんですが、ついつい楽な日本語だけになってしまってます。
そのうち、バルさんへのイタリア語文にもコメします。(多分・・・(^^;))
【2009/09/14】 URL | sanae #- [ 編集]

Re: タイトルなし
sanaeさん

子供の小さなうちの休暇は、大人二人のそれとは違うのでしょうねー。
それぞれならではの楽しみや豊かさがきっとあって、
今しかできない楽しみがsanaeさんちにはあるんですよね!
そういうのにも憧れます...

sanaeさんのブログにリンクを張ってくださったとのこと、
嬉しいです!ありがとうございます!
(こちらはある日、突然にFavorite Blog / Linkに勝手に載せてしまって、
ごめんなさい!です)

イタリア語での、あるいはイタリア語記事へのコメント、
バルと二人で楽しみにお待ちしています!
わくわくどきどき♪
(あ、プレッシャーじゃないですよぉ! :-) マイペースでお願いします!)
【2009/09/14】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。