暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Bottino di guerra 4: Bottiglie
戦利品bottino di guerraの第四弾は...
TA-DA---!!!

Bottino di guerra 4: Bottiglie

そびえ立つ美しきボトルbottiglieの数々♪

イタリアは食べ物にしても飲み物にしても、それぞれの種類が豊富。
チーズ、あるいはハム/ソーセージと一口で言っても、
何だかもう訳の分からない名前のものも含めて、
それはもういろんな種類がある。
お酒もまさにそう。
(赤色の文字はクリックするとwikiほか、関連HPに飛びます♪飛びます♪)

今回、別送品扱いにてイタリアから持ち帰ったボトルたち。
この子たちを我が家に招き入れるにあたっては、
実は、ブログの性質からして相応しくないので詳細を書けないような、
(いつの日かバルがイタリア語にて気にせず書きたいように書くかも)
法テラスで「損害賠償請求に値する可能性の高い事例」と言われたような、
そんなイヤ?な経験を(まだ継続中だけれど)したのだが、
ともかく、それで学んだことはただ一つ!
あり得ないようなミスによって、人の名誉を傷つけるようなことをしたのに、
それに派生して与えた各種ダメージの事実を把握しようともせず、
自発的に謝罪に足を運ぶこともせず、事実を調査したり報告したりもせず、
「そちらがそうおっしゃるなら、○○します」的な対応に終始し、
常識も誠実さも辞書にないかのような態度の、
某N通運(とりわけ某N空港支店に某氏が居る限り)を使ってはいけない!
ということ。
あーーー、腹が立つ!ちゅうねん。
(関係者の方がいらしたら申し訳ないけれど、でもこれは譲れない腹立ちでして、
ただ付言するなら、実際に運ぶ作業をした人たちはとーーーっても誠実な人たちでしたし、
もちろん全ての某N通運の人たちが悪いはずはなく、某氏+組織に問題ありなのです)


ま、気を取り直して...
そんなイヤ?な経験をしつつ、手にした貴重なボトルたち。
(そのうち、各ボトルの美しいラベルをご紹介したいと考え中)
で、その味は...

ごめんっ、バル!
私、これらの恩恵に浴する価値なしなしだわ...
さすが強いアルコール度数、そして強烈な個性に満ちた風味。
酒飲みではない、ちょっちお子ちゃまな私にはもったいないかも、な品々。
と言いつつも、毎晩、ショットグラスにちょびっとだけ、
映画タイムに味わっているけれど♪

きっとバルは内心、私に思っているんだろうなぁ...
MANNAGGIA!(ったく、もーう!)


飲んだ気になって、ほろ酔い気分でぽちっ★お願いします!
   ↓          ↓
   人気ブログランキングへ


Ovviamente assieme ai salumi e al formaggio, mi sono portato dall'Italia anche delle bottiglie di superalcolici che qui in Giappone sono introvabili. Infatti, a parte il Marsala (che qui costa circa 5 volte il prezzo italiano), le altre bottiglie, soprattutto le grappe, sono assolutamente rare o mancanti dagli scaffali dei negozi giapponesi.
Potete infatti trovare facilmente il Whiskey, il Brandy, la Vodka, il Cognac, il Rhum, ma la Grappa, che e' una specialita' tipica Piemontese-Valdostana-Veneta (le tre principali regioni italiane in cui vengono distillate le vinacce dopo la vendemmia), la Grappa ve la potete scordare, e se la trovate dovete sborsare l'equivalente di 70-100 dollari per una bottiglia di mezzo litro.

Ovvio immaginare che quando i doganieri giapponesi si sono trovati di fronte a questo ben di Dio (si fa per ridere, ovviamente), non sapevano assolutamente che 'pesci' pigliare; la classificazione dei superalcolici secondo la legge giapponese e' infatti alquanto semplificata e limitata, considerando solo appunto 'Whiskey, Rhum, Brandy, Vodka' e 'altri liquori'. Come a dire che quando ci si trova di fronte ad un Parmigiano, ad una Robiola o ad un Gorgonzola (e mi fermo qui) li si cataloga semplicemente come 'Formaggi'. Un bel guaio quindi se un Italiano (come il povero sottoscritto) vuole portare un po' di tesori dall'Italia: difficile spiegare ai doganieri che la Grappa e' Grappa, cosi' come il Parmigiano e' Parmigiano... Da qui una valanga di telefonate dalla Dogana alla mia povera compagna, che dal canto suo non sapeva rispondere e chiedeva lumi a me... Insomma alla fine le bottiglie sono poi arrivate a destinazione. 14 in tutto! Non un centinaio, come l'anno scorso quando ho portato la mia collezione di vini Italiani qui in Giappone. Lasciamo perdere, in futuro la storia completa di questo (triste) capitolo.

Che poi, detto tra noi, chi non si intende di Grappe (o di Formaggi) pensera' che lo scopo ultimo sia solo quello di ubriacarsi (o di rimpinzarsi), quindi perche' andare tanto per il sottile? Sbagliato, completamente sbagliato, a mio parere.
La grappa (ed altri liquori molto particolari di cui parlero' in altre puntate) e' un digestivo tra i piu' salutari e benefici, preso in piccole o piccolissime dosi dopo la cena, e gli aromi molti particolari a seconda della varieta' e dell'uva d'origine sono oggetto di degustazione e apprezzamento cosi' come quando si degustano vini pregiati e rari. Percio', con tutto il rispetto, altro che ubriacarsi col whiskey 'Suntory' (ehehehe), la grappa si degusta, si assapora, si centellina, si fa un bel ruttino (pardon...) e poi si va a nanna felici!

E buona degustazione a tutti!

関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2010/07/09】 |  Italia / イタリア | COMMENT(4) |
コメント

Ciaoでございます。
いやぁ~、ホント、paradisoな画像ですねぇ~♡
眺めてるだけでメーターあがっちゃいました(爆)
マルヴァジアにネッビオーロ、パンテレッリアのパッシートですか?
お腹立ちもご最もであることは、重々お察し致します。
別便の中身をお伺いして、危惧した通りになっちゃいましたねぇ・・・。
こればっかりは某通運社の体質上、どうにもならないことでして
事前にフレキシブルでユーザーの立場に立てるクーリエサービスを
ノミネートすべきだったかと思います。
ハッキリいって連中(正確には旧体質の○●)は、『Fa cagare』以下です。
でも、まぁ、無事お手元に届き、毎夜至福のひと時が堪能できるのは
羨ましい限りですヨ、ホント♪
ボトル越しに垣間見えるinvecchiatoなお色、クゥ~ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ、
たまりませんねぇ・・・ il||li _| ̄|○ il||li


【2010/07/09】 URL | TSUKA-P #mQop/nM. [ 編集]

Re: タイトルなし
TSUKA-Pさん

Ciaoでっす!

> いやぁ~、ホント、paradisoな画像ですねぇ~♡
まだまだ序の口でございますよん。
これから(いつになるか分かりませんが)各お酒たちについて、
私のラベル写真+バルの解説をちょこっとお届け♪
なんてこともしたいと思いますので、
乞うご期待!

> 事前にフレキシブルでユーザーの立場に立てるクーリエサービスを
> ノミネートすべきだったかと思います。
前回、大掛かりな引っ越しをした時には対応が良かったので、
今回もと思ったのが間違いでした・・・とほほ。
イタリアから日本への空輸そのものはイタリアの会社に依頼して、
空港(関税)から自宅までなんですけれどね、
たったそれだけの仕事なのに、信じられない間違いをした後で、
あの対応かよっ!でございました。

> ハッキリいって連中(正確には旧体質の○●)は、『Fa cagare』以下です。
思わず、私まで、「バッ○ァン○ー○!」と叫びたい心境でした。
お下品ですみませぬ。

それにしてもTSUKA-Pさんも日々美味しそうなパスタ三昧♪
例のricotta salataもきっとあっという間に胃袋へ、でしょうねー。
【2010/07/11】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]

ああ 素敵!
アマーロにグラッパなどの数々、見た目だけでも素敵ですね。
イタリアに居たころは、毎回食後にいただくほど好きでしたが、
日本に帰ってからはアルコール全般はすっかり悪酔いするようになってしまいました。

だけどお酒の味はおぼえているので
この料理にはあのお酒が合う・・・っていうのはわかります。
変な日本人になってしまいました。
【2010/07/12】 URL | keix #- [ 編集]

Re: ああ 素敵!
keixさん

> アマーロにグラッパなどの数々、見た目だけでも素敵ですね。
そうなんですよね。
私も今回、いろいろなボトルを見て、美しいなぁ、と思いました。
ボトル、ラベル、そしてお酒の色合い...綺麗なんですよね。
こういうところにイタリアのセンスが光るのですね。

keixさんはイタリアの服飾業界に携わっていらしたのですよね。
それはもうデザインや色遣いにおいて、イタリアならではの
美しさに囲まれてお仕事なさっていた/いるのでは、と思います。
暮らしの中にそういうものがある、という生活をしてみないと、
分からない感覚ってあるんじゃないか、と想像します。

> だけどお酒の味はおぼえているので
> この料理にはあのお酒が合う・・・っていうのはわかります。
> 変な日本人になってしまいました。
それって素敵な(粋な、と言う方が正解かも)日本人!ですよね。
しかもオモネラナイ辛口なところもまた...♪ :-)

もっとお酒の味が分かったら楽しいのに、
と思うことがよくあるんです。
お料理とお酒のハーモニーって、イタリア文化の大切な部分だ、
と思うだけに、それが満喫できるだけの舌が欲しい...です。
【2010/07/17】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。