暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Invalidita'
<本日、最下部に日本語記事を掲載しました>

今日の記事はバルによるもの。
実は、バル、転倒により小指を骨折。
利き手だったために、痛みを伴う不自由な一週間を過ごしていたが、
一週間後の再受診にて、順調にコトは進んでいると判明し、
こうして記事にしようと思うほど、気持ちにゆとりも生まれて、一安心。
後日、日本語記事は追加する予定。
まずはイタリア語記事を写真とともにお届け。

Invalidita'

L'invalidita' e' un concetto che spiega in maniera brillante l'ambivalenza dei termini in Italia. E' negativo, ma anche positivo, dipende da come lo si interpreta. Cerco di spiegare meglio.

Circa tre anni fa ho avuto un incidente con la moto a Roma: investito da una macchina mentre ero fermo ad un incrocio, sono stato proiettato in avanti per una decina di metri, sbattendo violentemente il... diciamo l'osso sacro, o coccige, e me lo sono rotto. Dolore terribile e senza tregua, durato per un mese abbondante e impossibilita' di sedersi o sdraiarsi o fare alcunche' senza provare pene immense. Ovviamente non ho potuto lavorare per un paio di mesi e la mia attivita' di professionista ne ha sofferto non poco. Discutendo con il mio avvocato per il risarcimento da parte dell'assicurazione del tizio investitore, oltre al motorino distrutto chiedevo anche i mancati introiti, facilmente dimostrabili dal raffronto delle dichiarazioni dei redditi: dichiarare tutto cio' che si guadagna, abitudine alquanto rara in Italia, in questi casi ha i suoi vantaggi :-).
Ma il mio avvocato insisteva sull'invalidita' permanente procurata, e che questa era la cosa importante da dimostrare in sede medico-legale. Tra me pensavo che non mi sentivo affatto invalido, una volta guarito, nemmeno parzialmente, anzi mi vergognavo un tantino all'idea di essere considerato 'invalido' anche se in minima percentuale, ma lui insisteva appunto in termini di percentuali e traducendo queste percentuali in soldi. Insomma alla fine l'ho lasciato fare ovviamente, il mestiere e' il suo, quando la causa finira' vedremo, perche' in Italia le diatribe vanno avanti per (parecchi) anni, anche quando uno ha ragione in maniera sacrosanta.

Speravo vivamente che la mia relazione col concetto di 'invalidita'' finisse li', ma niente da fare, il destino, come amava dire Kubrick in 'Barry Lyndon', aveva deciso altrimenti...
Cosi' la settimana scorsa, uscendo da un supermercato di Tokyo con entrambe le mani cariche di borse della spesa, non vedendo una buca sul marciapiede (Italiani: piantatela di ridere, vi sento anche da qui, e' vero, ci sono le buche anche in Giappone, almeno non ci sono le cacche, OK?), non vedendo una buca, dicevo, sono inciampato e sono finito a terra 'a pelle di leone' (si dice cosi' per nobilitare qualcosa che proprio nobile non e': una figura da cretino, ehehehe), fratturandomi il mignolo della mano destra.
Soccorso efficientissimo, ambulanza, ospedale che mi ha fatto i raggi X a tempo di record ed un medico ortopedico simpatico e preparato, che mi ha fatto una fasciatura rigida e che oggi, alla prima visita di controllo dopo una settimana, l'ha trasformata in ingessatura classica (vedi foto), soddisfatto perche' i frammenti non si erano mossi (io pure ero soddisfatto, perche' altrimenti la prospettiva era un doloroso riassestamento delle ossa fuori posto, gulp!).

Dato che ho ancora in Italia una polizza infortuni, ho chiamato il mio Assicuratore, ho iniziato a spiegargli cosa fosse successo, e ovviamente la mia domanda era se fosse prevista una qualche forma di rimborso (senno', che polizza infortuni e'?). Ma lui non mi ha lasciato finire e con aria grave mi ha detto che gli dispiaceva, ma che per la frattura di un solo dito non era prevista alcuna INVALIDITA' permanente, e che comunque, anche nel caso di complicazioni (tocchiamo ferro) che avessero generato una qualche INVALIDITA' permanente io avevo la franchigia fino al cinque percento, e che quindi nulla mi spettava eccetera eccetera....

Insomma, ricapitolando, in genere essere considerati piu' o meno INVALIDI e' un concetto negativo, direi che non si discute.
Ma non in Italia, sembra, dove le percentuali di INVALIDITA' permanente (mi raccomando, permanente!) sono quotate sul mercato, e quindi ambite, perche' corrispondono a soldi. Se poi uno sia effettivamente invalido.... Vabbe', questo non e' importante, e' un dettaglio irrilevante, conta solo cio' che dice la Legge!
Italia, ah, Bel Paese...

Invalidita'

Dopotutto non sono poi cosi' invalido: con le tre dita libere posso ancora fumare la pipa, ehehehe....


   人気ブログランキングへ  ←Grazie per il vostro voto! :-)




‥‥‥以下、追記‥‥‥長いです、ホント‥‥‥

久しぶりにYAMA*Aへ買い物に出かけた我々。
あれやこれやと買ううちに、二人とも両手に重たい荷物が一杯な状態に。
で...気づけば、地面に「床に敷かれたライオンの毛皮」状態のバル。
つまり、両手に荷物を持ったまま転倒し、地面に顔から突撃!

ちょうどその時はまだ、少し離れたベンチに座っていた私。
慌てて駆け寄ったものの、頭の中は真っ白。
しばし動けず、呻くバル。
顔と手に明らかな擦り傷が見え、鼻から黄色の透明な液体が滴っている。
な、な、何、この液体...
どうやら買ったワインでも、鼻水でもないし、滴り続けているし...
うわー、もし重大な何かが内部で起こっていたらどうしよう!

こういった危機的場面に不慣れなうえ、肝っ玉がめっちゃ小さい私。

バルのちょうど前を歩いていらした初老のご夫婦が、とても親切で、
ご主人の方は英語でバルに様子を訊ねつつ、じっとしているように指示、
奥様の方は携帯ですぐさま救急車を呼ぶ手配をしてくださる。
(救急車がちゃんと来るかを見届けるまで、一緒に居てくださって。
どれほど心強く、助けていただいたことか...本当に有り難かった...
お二人で、おろおろする私にも気遣いを示してくださる。

さらに、コトが起こった後に通りがかった若いご夫婦が、
何事かと心配して声をかけてくださり、荷物を取りまとめてくださる。
我々を初老のご夫婦がてきぱき世話してくださっているのを見届けると、
気遣いながら、お大事に、と言って立ち去っていく。

ああ、忙しい中、こんな風に足をとめて、優しくしてくださる人がいる!
バルに直接、英語で話しかけてくださる人もいる!
一つ一つのことに驚き、そして有り難く、感謝の気持ちでいっぱいに。
今、思い出しても、じんわりとする。

でも、その時は小パニックな私。
ともかく到着した救急車に乗り込み、慌ただしくご夫妻にお礼を言い、
そのままばたばたと失礼してしまった...
お名前と連絡先を伺っていれば、後でお礼もあらためて言えたのに。
(私のばかばかばか?っ)

救急車に乗るのは生まれて初めて。
隊員の人たちはてきぱきとしながらも、感じよく親切丁寧。
見るからに大怪我というのではないわけだが、こちらの心配に耳を傾け、
受け止めて、それに併せて対応をする。
ついつい仕事柄、こうした対応を厳しく細かくチェックしてしまうのだが、
さすがプロ!という感じ。

ちなみに、救急車をめったやたらに呼んではいけない、
ということは承知の助。
それを承知していることも救急隊員の人たちに伝えたうえで、
倒れ方が手をつけない状態で顔面から道路に激突するようになったこと、
鼻から滴り落ちて止まらない黄色の透明な液体が心配であること、
外傷がないかのようであるのが、かえって怖いこと、
そういったことがなければ、呼ばなかったであろうことも伝える。

隊員の3回目の電話で受け入れ病院が見つかり、そこへと向かう。
それにしても、救急車の揺れって酷い...それで気分が悪くなりそうなほど。
荷物が床をゴロゴロ動きまわる勢い。
ああ、生鮮食品がなくて良かった...ここから長い一日になりそうだもん...

着いた病院も対応が適切で、有り難い限り。
その迅速さと親切さにバルもびっくり...イタリアとは大違い、とな。
(ちなみに、イタリアの医療「技術」の水準は相当に高いらしいけれど)

すぐにCTスキャンとX線で、脳と手の状態をチェックしてもらう。
脳外科と整形外科、それぞれの医師が画像に基づき、所見を述べてくれ、
結果、黄色の透明の液体は謎、ただし、脳は問題なし。
問題は青く晴れ上がった手で、利き手の小指が奇麗にぽっきり骨折。
全治二か月、リハビリ数ヶ月、とのこと。

痛みは酷いものの、冗談を言うことができる状態になってきたバル。
骨折部分を固定する処置を受けながら、
「不自由だし、2.3日は特に痛みが酷いとは思うけど...」
「これ(中指を立てる仕草をしながら)ができるんで十分ですよ!」
「そうだね、わっはっはっは」
その後、この医師もあれこれ冗談を言い、柔らかい雰囲気で無事処置終了。
冗談の分かる医師で良かったねぇ、バル...

一週間後の再診では、骨折部分のずれも生じず、順調な経過であると確認。
写真のように固定をしてもらい、一安心。
これ、一見すると包帯のようだが、かっちかちに固まったギブス状。
濡れた柔らかな状態のうちに患部を柔軟に覆うことができ、
その後、水が蒸発する際に熱を発生しながら固まる、という優れもの。

バル、超ご機嫌で、
「これなら、誰かが自分の手に不注意にぶつかってきても、
ドゥビュッシ!っと対抗できちゃうもんね。さぁ、かかってこい!」

先日まで、街を歩くにも電車に乗るにも、バルの手が心配で仕方なかったが、
この日からは、周囲の人が心配...
道行く皆さま...どうかどうか気をつけてくださいますように。

‥‥‥

さて、バルによるイタリア語記事には、日本での体験も書かれているが、
主な内容は、実はイタリア社会の某現象への強烈な皮肉irony。
それは、本当に身体的に不自由を強いられている人たちがいる一方で、
嘘の申請をして、不当に障害者年金や公的サービスを享受している人々がいる、
という事実に対するもの。
バル自身がイタリアで事故にあった際に経験したことも踏まえ、
そうした現象を「invalid」という概念(意味が二つある)にかけて書いている。
イタリアを愛すると同時に、イタリアの中に潜む不合理や矛盾や不正が
バルにとっては棘となって刺さっているんだろうな、と思う。
 
 
関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/12/17】 |  Italia / イタリア | COMMENT(0) |
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。