暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
写真:USA横断#18 / Oklahoma
師走は本当に忙しい...!
そんなこんなで、ちょっとご無沙汰してしまいました。
が、地道にちょっと手を入れて、写真が綺麗にクリック拡大できるように。
なかなかいい感じですので、是非、クリック試してみてください!

‥‥‥

DenverからOklahoma州のOklahoma Cityをひたすら目指した後、
Kanzas州を僅か21kmだけ走り、Missouri州のSpringfieldへ...
その道程は、これぞ"Historic" Route66!といった感じ。

ガイドブックを持たない我々は、かなりの名所を見過ごしたと思うが、
それでも、街並、店、道端にあるなんやかんや、がいい感じで、
写真を撮りたくなる風景。

ところで、普通、人って、1,2年前の楽しかった旅の細々したことって
どのくらい覚えていられるものなんだろう?
...というのも、私は本当に記憶が...あららのら...な感じなので。
(「行く意味あるんかい?」と言われたら、シュンとしちゃうくらいに。
で、時々「経験は覚えていなくても身になっているもん!」と無駄に主張して
失笑を買う、なんてこともあるわけだけれど)


今回は、写真があったり、当時書いていたブログがあったりするので、
かろうじて、ちょっとは何かしら思い出せたり、書けたりするが、
実はかなり既にいろんなことが怪しい感じになっている。

あれやこれや、いろいろと覚えていられる人が羨ましい...
固有名詞とか、ホント、ダメなのよねぇ...
最近は、記憶するだけでなく、それを取り出す過程にも問題あり。
(これって、ま、ま、まずい現象では?とちょっと焦ることも!)

ま、今は目の前に、めちゃめちゃ記憶力良い人、がいるから、ま、いっか。
外部記憶装置、これからもよろしく!
(これがまずい兆候に拍車をかけているんじゃない?、との指摘は...受付終了)

では、言い訳(何の?)はこの辺までにして、
これがどこのいつの写真なのか、ちょっぴり曖昧なままに以下、掲載。

Denverの街並は洗練されていて、建物も美しい。

写真:USA横断#18 / Oklahoma 写真:USA横断#18 / Oklahoma

ありきたりなはずの雀も馴れない土地で見かけると新鮮。
赤い柱が雀の可愛らしさを強調。
ところで、雀の鳴き声「ちゅんちゅん」を教えた時のバルの反応は、大爆笑!
イタリア語では、「cip cip」だそう。(って、どうしたらそう聴こえるのやら?)

写真:USA横断#18 / Oklahoma

Route66はこんな感じで、すぐ隣に新しい高速道路が走っていることが多く、
殆どの車はそちらを走るため、こちらはのんびりムード満喫。

            写真:USA横断#18 / Oklahoma

途中、予期しないところで、いろいろな風景に出くわす。
面白そう!とついついカメラを向けたくなる。
いかにもアメリカ、な牛さんたちやバイク野郎さんたち。

写真:USA横断#18 / Oklahoma写真:USA横断#18 / Oklahoma写真:USA横断#18 / Oklahoma写真:USA横断#18 / Oklahoma

そしてガソリンスタンドでは、バルが指をくわえて羨ましそうにしていた、
こんな、これまたアメリカ?♪っぽい風景も。
ギャルたち、という言葉がこんなにもぴったりする風景も珍しい。

  写真:USA横断#18 / Oklahoma

そこにもここにも生きものたちが、のんびり。

写真:USA横断#18 / Oklahoma 写真:USA横断#18 / Oklahoma

良い天気に恵まれたドライブ。
蜃気楼がゆらーりゆらり。
本当に水で濡れているかのように、車が綺麗に映っているのが見える。

  写真:USA横断#18 / Oklahoma

遠くにこんな感じの機械がそここに。
ズームアップすると、結構な迫力があり、ちょっと怖い感じも。
(妙に人間っぽいような感じで...機械が人間化するホラー映画でも作れそう)

写真:USA横断#18 / Oklahoma 写真:USA横断#18 / Oklahoma

懸命に走っている間に(とは言え、運転はひたすらバルが担当)
こんな美しい夕焼けに遭遇。

写真:USA横断#18 / Oklahoma写真:USA横断#18 / Oklahoma写真:USA横断#18 / Oklahoma写真:USA横断#18 / Oklahoma

翌日(この辺で記憶が曖昧に...どこの一泊の後のどこの道なのやら)、
今度は「こんな坂、あんな坂♪」とウネウネ度の高い道を走る。

  写真:USA横断#18 / Oklahoma

途中で、いかにもRoute66の名物です、という感じのレストランに遭遇。
ここで腹ごしらえ。

写真:USA横断#18 / Oklahoma

店の入り口のポーチには、ちょっといい感じに錆びたものたちが。
雰囲気作りに貢献。

            写真:USA横断#18 / Oklahoma

店の中は、ちょっぴり薄暗く、ざわざわしている。
壁にはこんなポスターがかかっていて、楽しい気分にさせてくれる。
まさにアメリカ!という気分を味わおうと、コーラを注文。
おかわり自由、だけれど、こんなに大きなコップじゃ、おかわり不要。

写真:USA横断#18 / Oklahoma 写真:USA横断#18 / Oklahoma

店を出て、ひたすら走る。
ぼろっぼろに錆びた橋は味わいがあるが、通るにはちょっとドキドキもの。
赤い車は、晴れた日には写真映り最高!

写真:USA横断#18 / Oklahoma 写真:USA横断#18 / Oklahoma

これまた出くわした、道端にさり気なく佇む店。
今も営業中かどうか、さだかではない...と思ったら、しっかり「OPEN」の札。
気付くの遅っ!
立ち寄って何か買えば良かったかなぁ...

  写真:USA横断#18 / Oklahoma

一日の終わりには、とっても好奇心旺盛で、カメラ目線な牛との出会い。
何だかこちらが見られている、っていう気分に。

写真:USA横断#18 / Oklahoma 写真:USA横断#18 / Oklahoma


   人気ブログランキングへ  ←ぽちぽちっ★嬉しいです。




Nel nostro viaggio attraverso gli States l'anno scorso ci siamo fermati un giorno a Denver. Le foto riguardano un campanile in stile antico e il suo riflesso verso il tramonto in un grattacielo vetro e cemento. Il contrasto degli stili, forte per un europeo, e' cosa abituale negli Stati Uniti.
Un passerotto che bazzica sotto i tavolini di un bar della via principale di Denver, abituato ai turisti e per nulla intimorito. Divertente il fatto che mentre noi in Italia diciamo 'cip cip' quando ci riferiamo al verso degli uccellini, in Giappone dicono 'ciun ciun'... E sono pure convinti di aver ragione!!! MAH! Sono proprio strani questi Giapponesi :-)

Da Denver ci dirigiamo 'orizzontalmente' ad est attraverso il Kansas, ed il paesaggio cambia totalmente. Vastissime e sconfinate pianure con ogni tipo di coltivazioni, uno dei tanti 'granai' degli States. Poi pieghiamo a sud verso Oklahoma City, dove arriviamo in tarda serata letteralmente 'inseguiti' da bufere e tornadi. Oklahoma City, a sera, e' ancora umida e ventosa per l'abbondante pioggia caduta.

Il motivo della svolta a Sud e' di ritornare e seguire per quanto possibile la mitica Route 66, strada storica che va dalla costa della California (San Diego) a Chicago. Diventata in molti tratti una strada fantasma, bypassata dalla costruzione di grandi autostrade che l'hanno emarginata, constellata da paesini fantasma che tentano di vendere ricordi e memorie della vecchia strada, quando questa era una delle principali vie di comunicazione tra est ed ovest, spesso la Route 66 e' seminascosta e difficile da seguire, sparendo per lunghi tratti o diventando una strada addirittura sterrata in mezzo a fitti boscaglie, con curiosi bovini che fissano il turista, come a dire 'ma che ci fai qui? ti sei perso?', e con dei saliscendi mozzafiato e divertenti, del tutto ignoti alle piatte, rettilinee ed affollate higwway.

Ci siamo fermati a mangiare in un posto storico della Route 66, con un un porticato in legno e oggetti arrugginiti come la vecchia pompa di benzina. Dentro una luce fioca che rende quasi impossibili le foto, con dei quadri inneggianti alle vecchie Chevrolet. Col pranzo, d'obbligo la CocaCola, che uno puo' consumare a piacere, senza aumento di prezzo.

Il viaggio e' affascinante e appassionante, come dice la pubblicita' lo scopo non e' arrivare, ma e' il viaggio stesso.
Cosi' anche la strada e' quasi deserta, la gente che ha fretta usa la highway, i turisti come noi godono della magnifica solitudine di una strada quasi vuota, con strani posti che vendono gomme impilate, motociclisti su Harley Davidson, le classiche ragazze alla stazione di servizio che lavano le macchine con divertimento collettivo, bovini un po' ovunque, pompe di petrolio piu' o meno funzionanti e un tempo bellissimo che crea l'effetto miraggio della strada bagnata in lontananza.

Un ponte arrugginito ma perfettamente efficiente, e nel tardo pemeriggio, un vecchio negozio di Liquori, aperto e funzionante, che sara' stato fotografato milioni di volte, tanto e' suggestiva la varieta' dei colori.
Il magnifico tramonto chiude la giornata.

Raccomandiamo come sempre di cliccare sulle singole foto per poterle apprezzare, ingrandite, in una finestra separata.

関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/12/12】 |  Foto: USA横断2008 | COMMENT(2) |
コメント

うわ~…
アメリカって、スケールも違うけど、なんか色が違いますね。
自然の色が鮮やかって言うか…。太陽光線が違うのかしら?
それとも、これは撮影者の腕?!
お写真、楽しませてもらいました。
むむむ…アメリカ旅行も良いな~なんて思い始めたりして。

ひとつ前の記事を読んで思い出したのですが、うちの主人が始めて日本に来た時、夜の京都駅周辺で小道を通るのを怖がり、ビビりまくっていました。「この道、通るの?!?!?」って顔を引きつらせてましたね・・。
私達日本人には、安全な道も、イタリア基準ではとっても危険だったようです。
日本の治安の良さに軽いショック状態だった主人。
日本に住んでいると全然分らない事ですが、日本って本当に安心して暮らせる国ですよね。
【2009/12/15】 URL | Makicina #vXefid6w [ 編集]

Re: タイトルなし
Makicinaさん

そうなんです、色が何だか違うんですよね、アメリカ西部。
太陽なのかなぁ、と私も思っています。
なので、写真を撮るのも楽しかったんですよ...
撮るもの撮るもの、何だか凄く素敵で、
それこそ、まるで自分の腕がいいみたいな気がするんです。
アメリカ旅行、断然、西部がお薦めです!

なるほど~と思いました。
狭い道=危ない道、っていうのありますよね、西欧だと特に。
その感覚で日本の狭い道なんて、そりゃ怖いのなんの、
だったことでしょうね!
私、スペイン旅行で狭い道にてめちゃめちゃびくびくして、
一緒に行った友人に笑われたくらい、ビビリやです。
なので、旦那様の気持ち、何となく分かる気がするのでした。
【2009/12/17】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。