暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Ma mi facci il piacere!
以前、バルがまだイタリアに居て、日本に来る準備中だった頃のこと。

アメリカから戻り、日本の生活に復帰し、
普通に仕事をしたり、友人に会ったりして、日本感覚で暮らしていた私。
時に、夜遅くなり、午前様直前に慌てて帰宅、なんてことも。

そんな私に、離れて暮らすバルはしょっちゅうお怒り気味だった。
束縛したくはない、でも心配、なのにそれにピンときていない暢気な私、
何で心配する気持ちを汲んで行動してくれないんだ...と。
怒るわけにもいかず、しかし穏やかにもいられない、それもまた不愉快、
そんな感じだったのではないだろうか。

私は私で、そんな風にお怒り気味の様子をメールやskypeで感じると、
ひどく窮屈だし、自分の生活を変えさせられる気がして、ぶーたれモード。
今までン十年もこうしてやってきたし、注意もしているし。
何さ、何さ、何だっていうのさ...と。

さほど頻繁にではなかったものの、結構それで雰囲気が険悪になったり、
喧嘩になったり、なんてこともあった。
互いに、どうして相手が自分のことを分かってくれないんだ、と悲しくて、
腹が立って、ちょっとしたことなのに尾をひいて、だったっけ。

今、こうして一緒に日本で暮らすようになった今、バルが言った。
「あの頃、日本の本当の様子を知らなかったからなぁ...
日本にも悪い人がいるし、危険な事件もあるし、って君が盛んに言うからさぁ、
それをイタリア基準で考えてしまったんだよなぁ...
で、すごーく心配になってしまっていたんだけど、それってさぁ、
今思うと、何だかバカみたいな話だよね。
ともかく君の言うことを真に受け過ぎたってことだよ、ったくさー、
Ma mi facci il piacere!(意訳:たーのーむよー!)」

この会話、イタリアでの泥棒話から始まったのだが、バルが、
日本ってめっちゃ安心(=泥棒も夜の危険も心配なしなし)と思っている、
ということを再確認して、ちょっぴり心配になる私。
いやいや、日本でも確かに危険はあるし、そうそう安全だって思われても...
(つい反動で、実際に声高に「日本も危険だ」と力説したくなる)
でも、ひょっとしてそう思ってもらっていた方が何かと都合いいのかな?

「イタリア基準で考えたら、夜更けてから女性一人ウロウロするなんて、
考えられないじゃないか。アメリカだってそうだよね。
でも、日本に来てみて、ここなら君がたとえ夜中にウロウロしたとしても、
別に全然平気な気分だよ、今なら、どうぞ、って感じ...」

いやいや、それはちぃーっとばかり安心し過ぎでしょ。

Ma mi facci il piacere!

Ma mi facci il piacere!
(* いずれも残念ながら危険な街と言われがちなPhiladelphiaの我が家からの眺め)


   人気ブログランキングへ  ←ぽちぽちっ★嬉しいです。




L'altra sera la mia compagna ed io parlavamo della sicurezza in Giappone, ed io notavo che per la prima volta in vita mia mi sento completamente sicuro per quanto riguarda le cose per me preziose che abbiamo qui in casa. Nonostante le porte degli appartamenti in Giappone non siano particolarmente solide e sicure, e' un dato di fatto che i furti negli appartamenti praticamente non esistono.
Ben diversa la situazione in Italia, dove il furto nelle case e' uno dei reati piu' diffusi ed impuniti, nelle grandi citta' e nei piccoli centri urbani, e non importa quanto solida e sicura sia la porta, il rischio di un furto e' sempre molto elevato. Ed e' particolarmente odioso perche' colpisce uno dei punti piu' delicati di molte persone, i ricordi personali, le cose care, cio' che ha scarso valore per i ladri ma costituisce parte rilevante ed integrante della vita e della memoria di tutti noi.

Le raccontavo che quando abitavo a Roma e lasciavo casa incustodita per periodi piu' o meno lunghi, avevo tutte le volte il terrore di tornare a casa e trovare la porta scardinata: salivo le scale col cuore che batteva e finalmente tiravo un sospirone di sollievo quando vedevo la porta chiusa e intatta. Un'altra volta avevo sventato il furto nell'appartamento di fronte al mio, quando avevo visto uno zingaro scendere dal tetto e spaccare il vetro della porta finestra del terrazzo di fronte. Lo zingaro' noto' me che chiamavo i Carabinieri, e quando questi arrivarono era gia' fuggito, ma col risultato che non aveva avuto il tempo di rubare alcunche': cio' fece si' che l'inquilina di fronte, una signora molto anziana, mi fu eternamente grata e mi salutava tutte le volte che mi incontrava con grande gentilezza, perche' le avevo salvato le cose preziose, i ricordi di una vita.

L'esperienza del furto in casa l'avevo avuto da bambino, nel Nord Italia: i ladri spaccarono la serratura e rubarono tutta la collezione di statue e statuine barocche che mio padre aveva collezionato per anni, ricordo che mi misi a piangere per lui, mentre lui serio chiamo' i Carabinieri, che si misero a fare un inventario sommario e poi la cosa fini' li'. Ovviamente mai nulla fu recuperato. I responsabili non furono mai trovati. Mio padre rinforzo' la porta, mettendone una blindata e molto solida e pesante, ma dopo alcuni anni altri ladri tornarono e scardinarono anche quella porta apparentemente indistruttibile.

A un certo punto del racconto alla mia compagna mi misi a ridere di gusto tra me e me: alla domanda a cosa stessi pensando, le risposi che ero stato veramente uno stupido l'anno scorso, quando ancora vivevo in Italia e stavo preparando il trasferimento in Giappone, mentre lei era tornata direttamente a Tokyo dagli States, a preoccuparmi per la sua sicurezza, a farle mille raccomandazioni di non tornare a casa troppo tardi, ad arrabbiarmi talvolta quando invece lei non si accorgeva dell'orario e tornava a casa nel cuore della notte. Perche' ovviamente ora che vivo in Giappone da piu' di un anno mi rendo conto di quanto sicuro sia questo paese, e che una donna puo' tranquillamente girare da sola di notte senza problemi, magari non nel centro di Tokyo, ma comunque non vedo grossi pericoli, ora.

E lei invece insisteva che no, non e' vero, che anche in Giappone i pericoli ci sono, e che ci sono furti negli appartementi anche qui...
Come rispondere, se non con la celebre citazione del Principe Antonio De Curtis, il re della risata italiana, Toto' insomma: "MA MI FACCI IL PIACERE; MI FACCI!" :-)

Nelle foto (cliccando sulle quali e' possibile al solito vedere l'immagine ingrandita) un paio di riprese notturne di Philadelphia, dove la mia compagna ha abitato nel suo anno sabbatico negli States, e dove pure, come in molte altre grandi citta' americane, e' praticamente impossibile per una donna andare in giro di notte da sola.

関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/12/05】 |  Vita Assieme / 二人暮らし | COMMENT(4) |
コメント
確かに
日本の感覚とイタリアの感覚って全く違いますよね。
私もまだ夫と遠距離だった頃、私が遅くに一人で帰るって話すとやっぱり心配していましたから。
反対に私は、夜7時に親友と二人で親友の妹を駅まで送ってかなきゃいけない(彼女一人だと危ないから)・・・っていうのを聞いて、まだ7時なのに??ってビックリしたことを思い出しました。
日本は終電でも、それこそ日付が変わっても女性が一人で歩けますもんね。(って、よくやってました(笑))
そして、いま日本に住んでいるわけですが、そのイタリアと日本の違いを日々実感している夫。
仕事に就いてすぐのころなんかは、仕事を終えて帰る電車に子供一人(塾帰り)で乗っている光景を目にして、「イタリアでは絶対に無理!!」とビックリしていました。(って今でもビックリしていますが)
だけど、うちも日本はすごく安全だって思っていて、そこまで安心しきってもいいものなのか??と反対にこっちも心配してみたりして。

【2009/12/08】 URL | sanae #- [ 編集]

うちの場合
私の夫は海外の危ない場所には慣れているせいか、日本に来た時は逆に日本が危険に見えてしまって怖がっていましたよ(笑)
日本の私の家が、ホスト系やヤンキー系等の柄の悪い目の人達がお上りさんで集まる界隈で、その独特の雰囲気に「これは危険だ!」とセンサー張りまくりで、「日本なんだから大丈夫だよ~」となだめましたが、自分の体験と勘を信じる人なので、彼はかなり注意して夜の道を歩いていました。
外国人の夫だとそんなこともありますよね。
(あれ、家だけかも…笑)
【2009/12/09】 URL | pianohime #- [ 編集]

Re: 確かに
sanaeさん

コメ返、遅くなってしまいましたー。
ごめんなさい!

> 日本の感覚とイタリアの感覚って全く違いますよね。
4年経っても、まだまだ感じる違いってあるものなんですね。
ちなみに、小学生たちの電車通学や塾帰りに驚くのって、
「イタリアでは絶対に無理!」とは違うのかもしれませんが、
私も未だにちょっと馴れない感覚なんです...見ていて。

そうそう、前にブログに計算式の違いを書いていらしたのが
面白かったなーというのをコメントを読み、思い出しました。
異国文化に触れての小さな発見って、楽しいですね。
【2009/12/12】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]

Re: うちの場合
pianohimeさん

コメ返、遅くなって、ごめんなさい!

旦那様、日本が危険とは...これもまたびっくりですね!
あ、でも、そうですね、地域というか場所や時間帯によって、
狭い日本と言えど、だいぶ違いますものね。
ドンパチ事件がまったくない、といったら嘘ですしね。
自分の勘と体験を大切にするのが一番、
用心するに越したことはないので、旦那様、大正解!かも。
【2009/12/12】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。