暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
City Lights
時間がある日は二人で映画を楽しむことにしている。
バルがイタリアから持参した山ほどのDVD(とVHS)が我が家にはあるが、
残念ながらイタリア語だったり英語だったりして、
私が初めて観るのは無理、あるいはハードル高しというわけで、
日本語字幕ものを可能な限り入手(たいていはmovie+やBSものを録画)。

そして、今宵、楽しんだのは、彼の有名な『街の灯City Lights』(1931)。
チャールズ・チャップリンCharles S. Chaplin, Jr.(1889 - 1977)による
サイレント映画(ただし音楽・効果音・一部字幕台詞あり)の傑作。

チャップリンの定番キャラクターである「小さな放浪者The Little Tramp」が
目の見えない花売りに一目惚れする話は、
テンポ・リズムの良さと、場面転換直前にある間の絶妙さとが効果的で、
ラストシーンでは思わず観客が涙する温かなロマンスものであり、
同時に、声を出して思わず笑ってしまうコメディでもある。

私がチャップリンの映画でいつも感心してしまうのは、
彼が俳優であるだけでなく、プロデューサー、脚本家、ディレクターでもあり、
さらには譜面の読み書きができないらしいのに作曲もしていること。
その音楽が与える効果は素晴らしく、実に驚き。

でも、何が一番凄いかと言えば、彼の「動き」ではないかと思う。
ものすごく運動神経が良かったに違いない。
撮影方法もあるのだろうけれど、「どうやったらこんな演技ができるの?」
と思うような、何とも言えない卓越した身体捌き(?)である。
すべて計算されている、その動きを、美しく無駄なく演じているのが、
ともかく凄い!と思って見入ってしまう。

今回の『街の灯』であれば、ウィンドウを眺める場面、ボクシング場面に
そうした素晴らしさが垣間みられる。
特に、ボクシング場面では、リングにあがる前に腰が抜けてふらつく様が
可笑しく、そして見事!
鍛え抜いているんだろうなぁ...地道に。

そうそう、この映画がTV放映された時に、チャップリンtodayという番組が
併せて放送されたのも録画してあって見たが、その中で、
この『街の灯』のヒロイン役ヴァージニア・チェリルVirginia Cherrillが
撮影当時、若くて、あまり熱心に仕事に取り組まず、
美容院に行きたいから、と早退を申し出て、チャップリンが激怒して、
一度は降板させられたというエピソードや、
チャップリンが完璧主義であるあまりに、ワンシーンに300回も撮り直しをした
というエピソードが紹介されていて、面白かった。
ものごとの裏側、舞台裏は知らない方がいいこともたくさんあると思うが、
こういう撮影秘話的なものは知るに楽しいものだなと思う。

で、全て見終わった後、バル曰く、
「子供の頃、父親と一緒にチャップリン映画を観たのを思い出したよ。
なんと、あの父親が声を出して、心底笑っていたんだ。
彼はチャップリン映画を愛しているんだよね。
当時は子どもだったし、映画の真価を理解していたとは言えないけれど、
そんな風に大笑いする父親を見ることなんてなかったからね、それだけでもう、
チャップリンっていうのは何て凄いんだ!って思ったよ」

何だか気持ちがしんみり&ふんわり。


   人気ブログランキングへ  ←ぽちぽちっ★嬉しいです。




* 写真は昨年の暮れに撮った銀座と新宿のCity Lights
(Al solito, cliccando sulle foto e' possibile vederle un po' ingrandite, in una finestra separata)
 
City Lights City Lights

City Lights

City Lights

City Lights

City Lights City Lights

     City Lights


Dall'Italia ho portato una notevole collezione di DVD, molti in lingua italiana ma molti altri anche in inglese con i sottotitoli. La mia compagna soffre un tantino a vedere un film in inglese, se ci sono i sottotitoli in inglese soffre un po' meno, ma ovviamente preferisce avere i sottotitoli in giapponese.
La cosa comunque non e' il problema principale per vedere i miei DVD qui in Giappone, il problema di fondo e' che i miei DVD sono in formato PAL, mentre qui in Giappone (come negli USA) usano il formato NTSC, e quindi se infilo un DVD nel lettore dopo un po' appaiono dei geroglifici giapponesi che tradotti suonano: questo DVD e' PAL, e quindi non lo posso leggere: CHE PAL!!!!

Sottotitoli o no, Chaplin taglia la testa al toro, perche' i suoi capolavori non hanno in generale bisogno di sottotitoli. Ci sono dei dialoghi scritti, e' vero, ma Chaplin odiava in generale la voce umana e il sonoro, l'unico elemento per accompagnare la storia, oltre alla sua incredibile mimica e comunicativa, e' la regina delle arti, la musica. Musica che Chaplin componeva da se'. Egli era cosi' il protagonista, il regista, lo sceneggiatore, il compositore, il montatore, il produttore e il critico principale (dato il perfezionismo estremo che lo caratterizzava, egli era capace di girare anche trecento volte la stessa scena se non era soddisfatto) dei suoi stessi capolavori.
Ecco perche' e' uno dei grandi pilastri della storia del cinema, direi un grande dell'arte umana in generale.

Cosi' ieri sera abbiamo visto 'Luci della Citta', uscito nel 1931, quando oramai il sonoro stava diventando un obbligo nei film Hollywoodiani. Ma il suo film, muto, con la sola musica ad accompagnarlo, con una storia dalla semplicita' estrema, tocco' il cuore di tutti, ebbe un successo enorme e continua a toccare ancora oggi il cuore di chiunque abbia un minimo di sensibilita', anche poca.
Quale ridicola ironia che il cinema Hollywoodiano non abbia mai premiato i suoi piu' grandi interpreti con un oscar alla regia: Chaplin lo ricevette 'alla carriera' nel 1972, ultraottantenne e dopo diversi decenni che se n'era andato dagli States, a vivere in Svizzera, perche' accusato di essere un comunista, Hitchcock non fu mai riconosciuto dalla Academy Awards come il miglior regista, Kubrick ottenne un plauso agli effetti speciali per il film 2001 Odissea nello spazio. Verrebbe da pensare che l'Oscar non sia poi quel gran premio, dato che i migliori di tutti i tempi non lo ricevettero mai. Io fossi in Spielberg non dormirei molto bene pensando a quanti Oscar gli sono stati tributati... dormirei col complesso di Salieri, pensando che Mozart sono altri ;-)

Due piccoli ricordi in merito ai grandi registi.
Quando avevo piu' o meno venticinque anni ho seguito, per puro divertimento, un corso di cinematografia e cinema. E indovinate un po'? le scene presentate piu' spesso erano tratte da film di Chaplin, Hitchcock, Kubrick e, tra gli altri, Kurosawa, Fellini ed Ettore Scola... Veniva spiegato il movimento di macchina, l'inquadratura, la fotografia, la luce e il ruolo della musica. Spiacente, nessuna traccia di Spielberg...
Da bambino, avro' avuto cinque o sei anni, ancora non riuscivo a capire la grandezza colossale di Chaplin, pur se mi divertiva molto: a lui preferivo Stanlio e Ollio. Ma Chaplin mi colpiva profondamente, perche' era l'unico che aveva il potere di far ridere in maniera gustosa e fragorosa mio padre: sempre serio, rigido, rigoroso, sempre assorto nei suoi pensieri e nel suo lavoro, eppure quando guardavamo assieme un film di Chaplin mio padre scoppiava a ridere. E io concludevo che Chaplin doveva essere per forza un grande, un gigante, un titano, per riuscire a far ridere mio padre cosi'.

Se non avete visto 'Luci della Citta'' (la mia compagna non era troppo sicura di averlo gia' visto), o anche se lo avete gia' visto, trovatelo e rivedetelo, gustatelo, ridete e piangete.

Nelle foto, Luci della citta' ... di Tokyo, lo scorso Natale, il mio primo qui in Giappone, nei quartieri di Ginza e Sinjuku.

関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/12/03】 |  Cinema, Film / 映画 | COMMENT(2) |
コメント

先日はコメントありがとうございました!(って、遅すぎですよね。すみません。)
チャップリンの映画、興味はあるんですが、自分には敷居が高すぎる気がしてまだ観たことがありませんでした。今度さっそく観てみようと思います。映画を通して、色々な思いが繋がっていくのって素敵ですよね。

新宿と銀座の風景を見て、思いもよらずホームシックを覚えました。今でも、そこから遠い場所にいるなんて信じられない気持ちです。でも、きっと日本に帰ったらイタリアが恋しくなるんだろうな、と思います。笑
【2009/12/04】 URL | NICOP☆ #pp7J8nMo [ 編集]

Re: タイトルなし
NICOP☆さん

ブログ記事更新、良かった良かったー、です。
(ちょっと心配していたもんで)
チャップリン、是非是非お薦め!
いろんな楽しみ方があるんじゃないかと思うので。

私はあんまり小難しいのはダメなので、
気楽に楽しめる、感情に訴える、シンプルなものが好きです。
一番好きなのは、アル・パチーの主演の、
「セント・オブ・ウーマン/夢の香りScent of a Woman」(1992)。
タンゴのダンスシーンがもう素敵で素敵で...(ぽーっ...)
そして、後半は無条件で泣いてしまうのでした。

> 新宿と銀座の風景を見て、思いもよらずホームシックを覚えました。
そうなんですねー。
イタリアと日本の町並み、相当に違うものなんでしょうね...
日本にいると日本ならではの風景、って何だろうか、っていうのが
分からなくなるものだな、と思いました。
ネオンなんて当たり前になり過ぎてしまって。

NICOP☆さんには、今や二つの大切なmy countryがあるんですね。
それって素敵なことですよねー。
【2009/12/05】 URL | バル&私 #sUqZoKtM [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。