暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Vacanza:JPN - Nikko #5
*註:滞在先の週末ディナータイムの生演奏に関する私個人の感想、
およびそれにまつわる各種コメントは削除させていただきました。
私が感じたことは、個人の感想であり、それはそれで事実なのですが、
コメントでやり取りが続くことによって、最初のつもりとは異なり、
結果として、それが必要以上に強調され過ぎてしまった気もしていて、
居心地悪さを実は少し感じていたのです。
そこに新たなコメントをいただき、別邸向日葵における生演奏の
裏事情のようなものを説明いただくことになり(その内容そのものに
対しては、私なりの意見や反論もありますが、そういったやり取りを
ここで続けるということはしたくありません)、これは思い切って
これに関する全ての部分を削除する方が良いと判断しました。
何よりも私のブログの趣旨に反するものであったと反省しています。
ですので、削除の件、よろしくご了解ください。


‥‥‥

ここのところ、ひどく寒い。
このままどんどん寒くなったら、いったいこの先、何を着たらいいやら、
と不安になるほど寒かった。
天気予報で「来週は少し寒さも緩む」と聴き、心底ほっとするほど。
風邪ひかないようにしないと。(皆様もお大事に!)

さて、日光での滞在先について少し書いてみたい。

日光行きは友人の「紅葉なら日光東照宮」の一言でさっと決めたのだが、
滞在先については、どうしようどうしよう、と迷うことしきり。
何しろ、これまでどんな旅も親友任せできた私。
自分で一から選ぶ、決める、ということにひどく不慣れ。ひどく苦手。
でも誰もしてくれない=自分でしなくては。
いい歳をして、と思われるだろうけれど、なかなかこれと決められない。
私が仕事で関わっている人たちが知ったら驚くだろうなぁ、こんな私。
(どうやら仕事では「しっかりしている」「きっぱりしている」「迷いがない」
などと思われ易いらしい...まぁ、そう思われるように振舞っているからだろうけれど)


で、調べること数日(て...そんなにかけるのかっ!)。
金谷ホテルにしようかと思ったのだが、何だかそれもつまらない気がして、
どこか違う、小規模なところはないかと探した結果、
辿り着いたのが、今回の滞在先となった「別邸向日葵」というペンション。

東武日光駅あるいはJR日光駅から車で5分弱。
大きな道路沿いにありながらも、たっぷり建物までに距離を空けているので、
その煩わしさを感じることはない。
雰囲気の良い建物と庭がなかなかいい感じ。

全10室しかない。
なので、サービスが細やか。(丁寧過ぎるかも、というくらい)
送迎はこちらの都合に合わせてもらえる。
食事は連泊の場合には他の客と異なるメニューにして飽きさせない。
そして、美味しい。
パンやジャムは向日葵お手製。
素材はいずれも地産のものを使うようにしているらしい。

部屋は、クラシック館のシアタールーム付きプランにしたが、大正解。
映画好きのバルは、ここのDVDコレクションに大満足。
何しろ、キューブリック全集があり、夜はこれを大型スクリーンで満喫できる。
他にもなかなか古き良き映画を集めてあって、借り放題。
昼間は観光、夜は映画鑑賞、と大いに楽しんだ。

さらに、当初は二泊の予定だったのを、一泊延ばし、メゾネット館にも宿泊。
ここは二階が展望露天風呂になっている。
バルはお風呂につかる習慣がないので、どうでも良かったようだが、
私にとっては、屋外で少し寒い時に入るお風呂は最高!
なので、こちらも満喫。

でも、どちらかと言えば、クラシック館の方がゆとりがあってお薦め。
もしまた日光に行くとしたら、是非、ここに、と思っている。

で、観光の最終日は、中禅寺湖+華厳の滝。
山の天気は変わり易い。
出かける時は、晴天でラッキー、などと思っていたのだが、
あれよあれよと言う間に曇り空に。

そんな天気ではあったけれど、それなりに楽しめた、かな。
今年は早くに紅葉が進んだため、殆ど終わりという感じではあったけれど。
途中、バルの大好きな餡子系の和菓子も美味しかったし。

大変だったのは、帰りのバス。
本数がさほどないこともあって、並ぶ並ぶ...
やっぱり車で来るべき、かな。


   人気ブログランキングへ  ←ぽちぽちっ★嬉しいです。




(写真はいずれもクリックで拡大可能)

Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5 Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5 Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5 Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5

Vacanza:JPN - Nikko #5


Il secondo giorno di permanenza a Nikko ci siamo recati al lago di Chuzenji-ko, con annessa cascata. Ovviamente il lago e' stato prodotto alcune decine di migliaia di anni fa, al suo posto c'era, indovinate un po', un gigantesco vulcano, ora spento per fortuna.
La giornata, inizialmente molto bella, e' stata un po' rovinata dalle nuvole e dal freddo, data la quota attorno ai 1500 m. E da una terribile pizza, sapore plastica gommosa con copertura di vernice rossa finto pomodoro e formaggio simile al Vinavil. Ma sono sopravvissuto.

Siamo inoltre riusciti comunque a scattare delle foto decisamente belle, almeno per il metro che e' la memoria, che le foto devono ravvivare. Ed e' inevitabile trovarle belle, dato che la memoria e la felicita' di stare assieme in un posto nuovo porta sempre e comunque il sole dentro ;-).

Prima di lasciare Nikko alla memoria e dedicare i prossimi blog ad altri argomenti, alcune parole sulla permanenza.
La mia compagna ha scelto di stare non nel gia' citato e famoso Hotel Kanaya, ma in un piccolo Hotel un po' fuorimano, il cui nome tradotto suona 'Villa Girasole', soprattutto per la positiva recensione dei molti visitatori su internet. E ha avuto ragione da vendere, perche' mai mi e' capitato di avere un servizio cosi' fantastico e spettacolare come quello avuto in tale piccolo hotel per tre giornate.

Il consierge era a nostra disposizione col furgoncino per venirci a prendere o portarci alla stazione, non a orari fissi ma dietro semplice telefonata.
Nella nostra stanza c'era la sala cinematografica (!) e abbiamo avuto la possibilita' di vedere un sacco di film (io ho scelto Kubrick, ma ho registrato sul mio portatile anche altri capolavori, come alcuni film di Luchino Visconti). Naturalmente c'era la stanza per il bagno giapponese tipo terme, che la mia compagna ha usato intensamente, e il vater computerizzato con tavoletta riscaldata che si alzava e abbassava automaticamente: ehehe, questi Giapponesi lavorano un sacco ma non si negano di certo i migliori piaceri della vita! E direi che se ne intendono, eccome!

Nell'hotel non c'erano piu' di 10 stanze, per scelta degli albergatori, e cosi' il servizio era fantastico, anche un tantino esagerato direi, con il consierge che si inchinava con tono teatrale e grave ad ogni affermazione e informazione (dopo qualche minuto ho imparato ad imitarlo, e facevo ridere la mia compagna accompagnando ogni mia frase da profondo e grave inchino).
Colazione e cena da favola, con menu' personalizzati sempre diversi ed una cucina solo in parte giapponese, con una forte influenza direi francese e americana.
Cosi' a mattina il pane fresco di molte fogge, sapori e fatture, con burro e marmellata, omelette ed un sacco di altre cose buonissime, in stile americano.
E la cena invece con le classiche portate alla francese, antipasto, primo, un secondo a base di carne o pesce e il dessert.

Insomma, abbiamo passato tre giorni fantastici a Nikko, andateci se ne avete la possibilita', e' una vacanza che sicuramente rimmarra' impressa nella memoria.
 
 
関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/11/20】 |  Foto: Vacanze in Giappone | COMMENT(0) |
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。