暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Natura Selvaggia
朝、起きるにあたって、前夜、
「明日は○時から△△があるから、えっと、御飯を食べて行く用意して、
それに45分かかるから、うーんと、○時に起きれば間に合うな」
「明日は何にも特に用事はないから、寝るのが○時だから、えっと、
起きるのは8時間、いや、9時間後として、起きるのは○時ね」
と逆算する方、はい、手を挙げてー!

私は完全にこの「逆算派」。
できるだけ長く眠りたい、という考え。
実際に、今日のように昼前に何の用事もない日は、8時間睡眠優先。
実際は9時間睡眠になること多し、だけど。
(人生の1/3以上を眠っている、と考えると恐ろしくもなるが)

そんな訳で、私が起きる頃、バルは既に起きてあれこれしている。
ここで頭の中に差ができるわけね...
圧倒的に知識量が違うもんね。

ま、バルの頭の中=私の外部頭システムと考えれば、
私自身が寝ている間にバルがどんどこ知識を蓄えるのは、大歓迎。
ある意味、睡眠学習。(←違)

で、私がのんびり起きると、私の朝食を準備しながら、
私が起きる迄の間にしたこと、見たこと、知ったこと、などを話すバル。
今朝は...

あれこれする合間に、Discoveryチャンネルを見ていた、らしい。
で、今、シャーク・ウィークなので、
朝から鮫たちのワイルドな生態と、それを知るための実験研究が放映中。

「ホオジロザメが赤ちゃんアザラシを狙うんだよ。
海面付近にいる赤ちゃんアザラシ、鮫はその下のかなり深いところにいて、
で、ものすごい早さで海面に浮上したかと思うと、
なんと、海面から飛び上がって”がぶりっ”といくのさ!凄かったよ?!」
「へ?、すごくワイルドなシーンだね。見たかったなぁ・・・
人間が潜って、鮫が人間を攻撃するかって実験するよりも興味深いよね!」
(註:この話題、あくまでも野生目線で話しているので、赤ちゃんアザラシが可哀想...
という普通の人間らしい感覚優先で、この会話を聴き過ぎないように願います)


「うん、でね(=殆ど私の話は耳に入っていない)、その後、実験するんだよ。
プラスチック製の赤ちゃんアザラシを作って、浮かべるんだ。
ほら、赤ちゃんアザラシの方が、成人アザラシより、柔らかくて美味しくて、
消化もいいから、鮫はそれを狙うわけなんだけどさ」
「ふんふん(聴くに徹することにする)

「結果、鮫はさ、ともかくプラスチックであろうが何だろうが襲うんだね。
つまり”襲ってから考える”わけさ。”考えてから行動する”わけじゃないんだね。
だから、まず”がぶりっ”といくのさ。それも軽くね。で、考えるんだ。
”ふむふむ、これはどうやら食べ物じゃないな”ってね。いやー、さすがだよなー。
伊達にずーっと長いこと生き残っているわけじゃないんだよ、海の中でさ。
凄い迫力だったよー、”がぶりっ”とさ!!!」
「何だか、その”がぶりっ”って表現だと美味しそうだねぇ」
「でも、断然、僕は熊がいいけどね。鮭を”がぶりっ”だもん!熊が羨ましい!」

え、今日の話のオチはそこですか...
鮫を一気に吹き飛ばして。

好きなだけ生の鮭をワイルドにがっつり食べられる熊に憧れを抱くバル。
どんだけ鮭好き...?
北海道移住でも考える?
(連想するは、実家にあった北海道産の定番の木彫り...鮭をくわえた熊)

追記:写真がないのはクリープの...(もういいってば...?)とのお達しにより、
掲載するは、タイトルの「野生natura selvaggia」からは掛け離れた動物たち。
いわば皮肉めいた写真@小田原。
ちなみに、バルは狭い劣悪な環境の動物園を見かけると、本気で怒る...
小田原でも、宮崎でも、相当に怒り、怒りつつも(怒っているからこそ?)撮影。


Natura Selvaggia Natura Selvaggia

Natura Selvaggia Natura Selvaggia

           Natura Selvaggia


   人気ブログランキングへ  ←ぽちぽちっ★嬉しいです。




Domenica mattina mi sveglio al solito prima della mia compagna, faccio colazione e poi vedo un documentario su Discovery Channel, mentre lei dorme beatamente. La sua teoria e' che ha bisogno di almeno 8 ore di sonno, ma 9 sono anche meglio. A me ne bastano solitamente 6, ed e' gia' tanto rispetto a quando vivevo in Italia, dove raramente arrivavo a 5 ore di sonno in media.
Percio' la lascio dormire e ne approfitto per prepararle la colazione.

Questa settimana Discovery Cannel la dedica agli squali, e in un interessante documentario parlano appunto degli squali del Sud Africa, i quali aspettano pazientemente sul fondo del mare il passaggio delle foche in superficie e poi risalgono rapidamente attaccando di sorpresa soprattutto i piccoli delle foche, azzannandoli e mangiandoli in un sol boccone o quasi.
Impressionante veramente: gli scienziati spiegano che gli squali attaccano tutto cio' che si muove in superficie, e per dimostrarlo trainano con la barca delle sagome di plastica nera che hanno piu' o meno la forma delle foche. E gli squali attaccano. Poi sagomano due forme, una piu' grande ed una piu' piccola, e gli squali attaccano in prevalenza quella piu' piccola.

La battuta degli scienziati e' che gli squali attaccano comunque anche le sagome di plastica, dato che la loro filosofia e': prima attaccare e poi fare domande. Una filosofia che pare gli abbia permesso di sopravvivere su questa terra per piu' di duecento milioni di anni, tra i piu' vecchi animali viventi oggi sul nostro pianeta.

Quando la mia compagna si alza, mentre fa colazione, le racconto degli squali, e lei mi chiede se li ammiro e li invidio. Per carita', le rispondo io, preferisco di gran lunga gli orsi del Canada: grandi scorpacciate di salmoni freschissimi (vivi) e nessun complesso per il grasso in eccesso, dato che gli serve a passare l'inverno.

Non avendo a disposizione nelle foto ne' squali ne' orsi, ecco un po' di animali fotografati quest'anno ad Odawara, localita' turistica del Tokai celebre per il castello. Un piccione beato sulla riva del mare, dei pesci nel fossato attorno al castello di Odawara, e tristi, tristissimi animali (anche arrabbiati, e giustamente) nello zoo del castello...
 
 
関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/10/25】 |  Vita Assieme / 二人暮らし | COMMENT(1) |
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/26】 | # [ 編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。