暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
写真:USA横断 #15-c / Osservatorio Lowell a Flagstaff
本日も引き続き、バルによる「写真:USA横断:番外編」をお届け。
その2は、ローウェル天文台Lowell Observatory。

前回同様、以下、バルによる記事をもとに、主な内容を日本語にてご紹介。
(そのままを訳したものではありません)

‥‥‥

メテオール・クレーターMeteor CraterからFlagstaffへと向かったバル。
乾燥した、海抜2000m以上という高地に位置するFlagstaff。
そこに、冥王星が発見された場所として有名なローウェル天文台はある。

Osservatorio Lowell a Flagstaff

Osservatorio Lowell a Flagstaff

受付にいたガイドさんが、いろいろな説明をしてくれる。
解説つきで見て廻るツアーは1時間後でないと始まらないこと、
夕方になると望遠鏡のあるドームが開き、夜空の素晴らしさを堪能できること。

Osservatorio Lowell a Flagstaff Osservatorio Lowell a Flagstaff

Osservatorio Lowell a Flagstaff Osservatorio Lowell a Flagstaff

いろいろと話すうちに、ガイドさんとバルは意気投合。
そして、訊かれるままに、バルは幼い頃からの天文学への情熱を語り、
ローウェル天文台に来ることができた喜びを伝えると、
ガイドさんは、夕方に戻ってくれば、彼自身が中を詳しく案内してあげられる、
とバルに教えてくれた。

そこで、夕方までの間、バルは松と樅の木々の間を散歩して過ごすことに。
木々の間からは巨大なドームが見え隠れし、
あちこちに望遠鏡を配した建物がそれぞれ異なる形で佇んでいる。

そうこうするうちに、歴史的遺産を展示している博物館に辿り着いたバル。

Osservatorio Lowell a Flagstaff

Osservatorio Lowell a Flagstaff

そこで受付で出会ったガイドさんに再会。
実は彼は単なるガイドさんではなく、天文台で働く天文学者。
そこに居合わせた観光客たちを相手に、
パーシヴァル・ローウェルPercival Lowellという実業家が、
イタリアの天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリGiovanni Schiaparelliと出会い、
火星研究に目覚め、なんと40歳を過ぎてから天文学者に転向し、
その結果、火星観測を行うための巨大な望遠鏡屈折レンズを建設しようとし、
観測に適した空気の済んだ晴れ間の多いFlagstaffに白羽の矢を立て、
この天文台を建設した、という歴史を紹介。

Osservatorio Lowell a Flagstaff

Osservatorio Lowell a Flagstaff

そして彼は、観光客たちにバルを「イタリアから来たんだよ」と紹介したうえで、
バルに「スキアパレッリを知っているかい?」と訊ねた。
「もちろん!何しろ彼は私の故郷から30kmほどの街の生まれで、
生家にも行ったことがあるんですよ。私は彼の親戚でも何でもありませんが、
彼の仕事についてはとてもよく知っています」
そして、スキアパレッリについて知っていることを滔々と披露したバル。
(かなりマニアックな内容にまで及び、ガイドさんもびっくり)
観光客たちは一連のやり取りを楽しみ、バルも良い時間を過ごした、らしい。

他の観光客たちが去った後、彼とバルは二人で話を続け、
その時にバルが、望遠鏡を持っていて、時々、空を眺めるのを楽しんでいるが、
もちろんここにある大きな望遠鏡などとは比べ物にならないので、
ここの望遠鏡で空を眺めるのをとっても楽しみにしていると語ったところ、
彼は、夕方、個人的に望遠鏡を触らせてあげる、と。
バルはわくわくしながら、いったんFlagstaffの街に戻った、らしい。

さて、話は変わり...

実は、このFlagstaff滞在の少し前にバルは私宛にあるメールを送っていた。
「一緒にUSA内を旅行しませんか?」
その返事を受け取るべく、バルはネットができる場所を求めて街を歩く。
結局、公的な場所で使える所はなく、
教えてもらったのが#15-aに載せたMacysというカフェ。

受け取った私からの返事、それは...
「しましょう。山でも海でも島でも、どこへでも喜んで」
バルはそこで何度も何度も私からのメールを信じられない思いで読み返し、
読み返すたびに喜びが彼を満たした、と後から話してくれた。

(New Orleansの仕事関連会議で出会ってからメール交換をしていた我々。
当時、バルに対して持っていた私の好意は純粋なものではあったが、
同時に、旅行への動機はと言えば私利私欲バリバリのもので、
一人では到底経験できないことだし、こんな良い機会はまたとないし、
失うものなど何もない、と考えた40+α年生きた図太さゆえの、無謀な決断で、
友人たちは驚きと心配を持って見守ってくれていた、という内情。
その点、バルはとてもとても純粋な気持ちのみ。
今回この記事を英訳して話してくれた時も気持ちが込み上げてくる様子で...
そういうところは本当に何と言うか...ありがとう、と素直に思う今日この頃。
そして、あの無謀な決断は正しかったと思えることにただただ感謝。)


話はまた天文台に戻り...

夕方に天文台に戻ったバル。
ガイドさん、あらため天文学者の彼のツアーに参加したバル。
彼は、他の観光客たちにバルを同僚かのように紹介してくれただけでなく、
約束通り、巨大な望遠鏡をバルに操作させてくれた。
それは、ローウェルが1世紀前に火星観察に使った有名な望遠鏡。
思ってもいなかった夢のような素晴らしいひととき...

Osservatorio Lowell a Flagstaff

Osservatorio Lowell a Flagstaff Osservatorio Lowell a Flagstaff

Osservatorio Lowell a Flagstaff Osservatorio Lowell a Flagstaff


最後の写真は、モハベ砂漠(アリゾナとカリフォルニアの境界)を横断する電車。
この、バルの人生における最も美しい瞬間の象徴。

Osservatorio Lowell a Flagstaff

Arrivo a Flagstaff nel pomeriggio e mi dirigo subito all'Osservatorio Astronomico, situato piu' in alto rispetto alla bellissima cittadina, ad oltre 2000 metri di altezza.
Alla reception un signore distinto, dai caratteri orientali, mi spiega che c'e' un giro guidato dell'Osservatorio il pomeriggio, ma che e' gia' iniziato e il successivo giro inizia solo dopo un'ora. Oppure posso tornare la sera quando le varie cupole contenenti i telescopi vengono aperte ed il pubblico puo' ammirare le bellezze del cielo.
Gli spiego che sono Italiano e appassionato di astronomia sin da quando ero bambino, e che ero elettrizzato all'idea di essere in quel posto famoso per la scienza. Il signore mi dice che se voglio posso fare un giro per conto mio, e pagare il biglietto poi la sera.

Comincio a passeggiare tra i boschi di pini ed abeti ed ogni tanto una cupola gigantesca spunta da dietro gli alberi. Arrivo poi all'edificio-museo contenente oggetti storici e trovo il tour guidato e a far da cicerone... lo stesso signore distinto della reception, il quale, si scopre, e' un astronomo che lavora all'Osservatorio!
Racconta la storia di Percival Lowell, il quale comincio' ad interessarsi di Astronomia solo dopo i quarant'anni, dopo aver incontrato l'astronomo italiano Giovanni Schiaparelli, il quale conduceva alla fine dell'Ottocento ricerche sul pianeta Marte e sulla possibilita' che fosse abitato da esseri intelligenti come la Terra. Lowell fu letteralmente folgorato da quell'incontro e, tornato negli States, raccolse rapidamente i fondi per costruire un Osservatorio Astronomico a Flagstaff, dove l'atmosfera e' particolarmente tersa e limpida, e per la costruzione di un gigantesco telescopio rifrattore per l'osservazione di Marte.

L'astronomo del tour, a quel punto del racconto, mi presento' come visitatore italiano e mi chiese se conoscessi Schiaparelli e il suo lavoro. Perbacco, risposi, non solo, ma sono nato in una cittadina ad appena trenta chilometri dalla citta' natale di Schiaparelli, ed ho visitato da ragazzo la sua casa natale. Al che lui scherzando comincio' a suggerire ad alta voce, in modo che tutti gli astanti potessero sentire: 'dica che e' un parente di Schiaparelli, su'. Risata generale del pubblico attorno, e mia modesta negazione: no, non sono un suo parente, ma conosco molto bene il suo lavoro...

Allontanatisi gli altri, l'astronomo ed io ricominciamo a chiacchierare, e gli spiego che possiedo un telescopio astronomico e che ogni tanto mi diverto a guardare il cielo, ma certo niente di paragonabile agli strumenti che hanno li', e che sono ansioso di partecipare al tour serale per vedere il cielo con il famoso rifrattore di Lowell. Lui di rimando mi dice che mi aspetta per la sera, e che mi fara' puntare il telescopio ed usarlo per mostrare al pubblico il cielo sopra Flagstaff. Non mi sembra vero, un sogno ad occhi aperti...

Torno in paese a Flagstaff, veramente un bellissimo posto pieno di verde, e mi dirigo alla biblioteca per chiedere se hanno una wireless. Gentilissimi mi rispondono di no, ma mi danno una mappa di Flagstaff con tutti i locali pubblici dotati di wireless. Mi dirigo quindi al pub-caffe' Macys, e li' ricevo la mail con la risposta dalla mia 'futura' compagna al mio invito a fare assieme un viaggio attraverso gli States. E la sua risposta, che con me sarebbe venuta molto volentieri ovunque, mi riempie ancora piu' di gioia e di felicita'.

Torno all'Osservatorio e, come promesso, la sera gli astronomi mi ricevono con grande festa ed onore e mi presentano al pubblico nientemeno che come un loro collega venuto dall'Italia, e mi fanno manovrare il famoso telescopio rifrattore che Lowell aveva usato per osservare Marte quasi un secolo prima.
A tarda sera saluto tutti con la speranza di rivederli un giorno, e mi rimetto in viaggio per tornare in California, viaggiando la notte.

La mattina un ultimo ricordo di uno dei momenti piu' belli della mia vita: un treno che percorre il deserto del Mojave, al confine tra l'Arizona e la California...

追記:ローウェル天文台Lowell Observatoryの創始者ローウェルは、
日本研究にも熱心だったらしく、石川県の穴水町との交流は有名。
天文台にもそれを示す説明碑がある。
こういちょっとした日本とのつながり、なんていう記述に出会うと、
訳もなく嬉しい。

Osservatorio Lowell a Flagstaff
* クリックすると拡大可能
 
関連記事

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2009/10/10】 |  Foto: USA横断2008 | COMMENT(0) |
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。