暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Luna e Gnac/月とGnac
Luna e gnac
* 是非クリックして拡大版にてお楽しみください♪


先週はサーバーの不具合発生で、アクセスできない状況に陥っておりました。
遊びにいらしてくださった方、申し訳ありませんでした。
実は、私たちは管理画面にもログインできなかったのでありました。
その影響で、カテゴリ、リンク、そしてなんとコメントの一部が失われてしまいました。
その影響か分かりませんが、実は写真の拡大もちょっと変な感じです。
F○2メインテナンスめっ!ぶーぶーぶー!(引っ越しを真剣に考えるべき?)
復旧を試みていますが、時間がかかりそうです...ごめんなさい!

‥‥‥

Ho imparato a leggere a 4 anni, e prima dei 6 avevo gia' letto i piu' grandi romanzi di Jules Verne: 'Dalla Terra alla Luna', 'Intorno alla Luna', '20.000 Leghe sotto i Mari', 'L'Isola Misteriosa'. Verne era un grande scrittore, appassionante, e i suoi romanzi, soprattutto sul viaggio verso la Luna, divennero ancora piu' attuali negli anni in cui l'uomo posava per la prima volta il piede sul nostro satellite.

私は、4歳のときに読むことを学びました。そして6歳になる前にはジュール・ヴェルヌJules Verneの素晴らしい小説、すなわち『月世界旅行』『月世界へ行く』『海底二万里』『神秘の島』を既に読み終えていました。ヴェルヌは偉大であり、情熱的な作家です。彼の小説、とりわけ月への旅について書かれたものは、人類が最初に月に足を踏み入れた頃からますます多くの人に親しまれるようになりました。

Ma mai provai una passione cosi' forte e cosi' impetuosa, leggendo un libro, come quando lessi da ragazzo i racconti di Italo Calvino. Ero talmente avvinto e appassionato dal suo modo di raccontare le storie che per qualche tempo avevo deciso addirittura di provare io stesso a scrivere novelle e romanzi. Poi capii che il talento non si inventa, e lasciai perdere, accontentandomi di godere della grandissima vena creativa e narrativa del grande Calvino.

しかし、私は本を読んでいて、情熱や激しさを感じることはありませんでした。ただ、イタロ・カルヴィーノの物語に関してだけは別でした。当時、私はまだ十代でしたが、彼の情熱的な語り口に魅了され、自分でも短編や小説を書くぞ、と心に決めたほどでした。その後、私は、才能とは自ら作り出せるようなものではないと気付き、諦めたのでした。そして今では、偉大なカルヴィーノの素晴らしい創造性と物語を楽しむことに満足しています。

'La Luna durava venti secondi, e venti secondi il GNAC. Il GNAC era la parte terminale della enorme scritta pubblicitaria luminscente 'SPAAK-COGNAK' che sporgeva dal bordo del tetto...'
Questo piu' o meno l'inizio del racconto 'Luna e Gnac', scritto da Calvino nel 1956, appena 4 pagine dense di umorismo, sentimento, ironia, passione umana. Un vero capolavoro.
Per molti anni Calvino fu considerato uno dei piu' grandi scrittori del mondo ed un sicuro candidato al Nobel per la letteratura; poi il destino gli fece uno scherzo dei suoi, ironico quasi come quelli raccontati da Calvino stesso: mori' improvvisamente, per un'emorragia cerebrale, prima di veder riconosciuta a dovere la sua enorme bravura. I suoi racconti e la sua arte immensa restano, consiglio a tutti di cercarli e di leggerli.

「月が20秒間見えたかと思うと、次の20秒間はGNACが現れた。 GNACとは、'SPAAK-COGNAK'と書かれた巨大なネオン広告の終わりの部分が屋根の縁からはみ出して見えていたのだ… 」
1956年にカルヴィーノによって書かれた、短編「Luna e Gnac」はこんな風に始まります。4頁にユーモア、情緒、皮肉、そして情熱がぎっしり詰まっています。まさに最高傑作です。
長い間、カルヴィーノは世界の最も偉大な作家の一人であると考えられていましたし、確実にノーベル文学賞候補者でもありました。しかし運命は彼をからかうがごとく、まさにカルヴィーノ自身が小説によく描いていたように、彼の計り知れない才能が正当に報われて評価される前に、彼は脳出血のため突然に亡くなったのでした。私たちには、彼の小説や芸術が残されています。私は彼の作品を探し、読むことを皆さんに勧めます。(http://www.amazon.co.jp/イタロ・カルヴィーノ/

Nella foto la Luna piena, una settimana dopo il grande terremoto dell'11/3, ripresa con l'obiettivo Nikon Eyefish 10,5 mm, circondata da un alone creato da cristalli di ghiaccio ad alta quota nell'atmosfera terrestre, una specie di arcobaleno lunare. Sulla sinistra il bordo del tetto di casa nostra.
Il GNAC... non c'e'!

さて、冒頭の写真ですが、3月11日の大震災から一週間後の満月です。Nikon Eyefish 10.5mmで撮りました。地球の大気の高層にある氷晶によって作られた光の輪に囲まれた満月です。ある種の月の虹、ですね。左端には我々の家の屋根の縁が見えていますが...
そこに"GNAC"はありません!

 
スポンサーサイト

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2011/04/10】 |  Vita Assieme / 二人暮らし | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
Sakura / 桜
Sakura

花粉症がひどく、花見を楽しめずに悲しんでいた私だが、
(今年は何だか本当にひどい...ぐっすん)
ある日、ひょんなことから、大家さんが山桜の枝をくださったので、
家の中で満開の桜が楽しめることに。

はらはらと舞う花びらたち。
写真に納めておかねば!と撮影した次第。

水換えとその後の掃除はちょっと面倒だけれど、
その存在感で部屋の空気がふんわり優しく変わったような気がする。
淡い色合いの静かで可憐な花なのに、存在感がある。

皆様も穏やかな良い日曜の午後を!

Sakura
 

In Primavera e' tradizione in Giappone ammirare la fioritura dei ciliegi. Sakura sono appunto i fiori di ciliegio. Quest'anno, data la grave tragedia che ha colpito il Giappone, molti, compresi noi, hanno rinunciato alla solita visita ai Sakura nei parchi e nei giardini. Complice, per la mia compagna, anche una terribile allergia al polline.
Ma fortuna ha voluto che potessimo ammirare comunque, a casa nostra, i bellissimi fiori grazie ad una visita, e gentile omaggio, della nostra padrona di casa, la quale ci ha portato appunto bellissimi rami fioriti della pianta sacra ai Giapponesi.

La mia compagna ha approfittato della presenza dei fiori per fotografarli, oltre che curarli quotidianamente cambiando l'acqua, mostrandone la delicatezza dei toni pastello. Un modo anche di cambiare l'aria e l'atmosfera, dato che non apriamo spesso le finestre, per evitare l'ingresso del malefico polline ;-)
E buoni Sakura a tutti!
 
  

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2011/04/17】 |  Giappone / 日本 | COMMENT(0) |
Pasqua / 復活祭
花粉症(たぶん杉花粉で檜ではなさそう...)はマシになってきたので、ほっと一息。
でも、急に気温が上がり、ちょっぴり夏が怖い今日この頃。

本日4/30、遅ればせながら、日本語超訳もどきと、私のつぶやきを追加しました。

日本語超訳は後ほど。
まずはイタリア語記事にて。
‥‥‥


In Giappone non si festeggia la Pasqua, piuttosto si festeggia la cosiddetta 'settimana d'oro', al principio di Maggio. Quest'anno la Pasqua in Italia cade alla fine di Aprile, quindi molto vicina alla settimana d'oro. Unisco idealmente le due feste, presentando alcune foto fatte a Roma nell'ultima mia Pasqua italiana, nel 2007, dato che dal 2008 in poi, per Pasqua, ero in giro per il mondo e non piu' in Italia.

日本では一般的に、復活祭を祝う習慣はありません。むしろ、5月初旬の「ゴールデンウィーク」と呼ばれるものを楽しみにしています。今年の復活祭は4月の終わりで、日本のゴールデンウィークに比較的近い時期でしたから、私はこの二つの休暇をうまいこと組み合わせて、私が2007年にローマで過ごした最後のイタリアでの復活祭にかかわる写真をお届けしたいと思います。2008年以降、私はあちこち旅していましたし、イタリアにはもう帰らないため、2007年がイタリアでの最後の復活祭となったのです。

Pasqua

Il coniglietto pasquale. Uno dei simboli tipici della Pasqua. Mi e' stato mandato dal mio Assicuratore (facciamo le corna, ehehehe).

まずはイースターバニー(復活祭うさぎ)です。復活祭の典型的なシンボルの一つです。これは私の保険ブローカーが「facciamo le corna, ehehehe」(←これ、ニュアンスとしてどういうものか...訳せません...不吉なことが起こらないように、と願う動作なんですが...ここでは、はてさて...)というメセージを込めて送ってきたものです。

Pasqua

La colomba, un altro dei simboli della Pasqua, rappresenta la pace, la rinascita, la fratellanza tra tutti gli uomini. L'ho fotografata sul terrazzo della mia casa a Roma.
Oggi ne preparero' una, ovvero il dolce chiamato 'Colomba'.

次は鳩colombaです。やはり復活祭のシンボルの一つで、平和、再生、人類愛の象徴です。この写真は、私がローマの家の屋根に居た鳩を撮ったものです。
ちなみに、今日、私は一つcolombaを用意する予定です...って、"Colomba"と呼ばれる復活祭のケーキですけれど。

Pasqua

I fiori, che in primavera tornano ad annunciare, anche in questo caso la rinascita. Qui in Giappone amano i Sakura, come gia' scritto, i fiori di ciliegio.

次は花です。花は再生を告げるために春に再び咲くのです。ここ日本では、以前にも書きましたが、人々は桜を愛していますよね。

Pasqua

Tetti della citta' di Roma, con la cupola della Basilica di San Pietro che spunta maestosa. Rappresenta ovviamente la Chiesa Cattolica, che celebra ogni anno la Pasqua come festa della resurrezione di Gesu'.

次はローマの街の屋根と、厳然とそびえるサンピエトロ寺院St. Peter's Basilicaのドームです。これはもちろんカソリック教会で、毎年イエスの復活の祝祭が行われます。

Manca il simbolo per eccellenza della Pasqua, le uova, anche in questo caso un chiaro simbolo della vita che rinasce e ricomincia dopo l'inverno. Non avevo uova nelle mie foto, e qui in Giappone le uova, quelle di cioccolato, non si trovano. Quindi niente foto delle uova di cioccolato. Piuttosto in Italia, attenti a non esagerare col cioccolato, OK?

復活祭の究極のシンボルとも言うべき卵の写真がなくてごめんなさい。卵は、冬の後の再生という人生そのものの明らかな象徴です。が、手持ちの写真の中に卵の写真を見つけることができませんでした。また、日本ではチョコレートの卵を手に入れることができませんでした。なので、その写真もありません。でも逆に、イタリアの友人たち、チョコレートを食べ過ぎないように、ね。

Pasqua

E naturalmente non posso dimenticare tutta la povera gente del Nord del Giappone, che ha sofferto e continua a soffrire cosi' duramente per la terribile catastrofe che li ha colpiti. A loro tutti i nostri piu' cari auguri di una pronta rinascita, nel simbolo dei gabbiani di quella zona, da me fotografati l'anno scorso in una gita in battello vicino a Matsushima.

そして、最後はカモメです。
私は日本の被災した東北地方の人々のことを忘れることなどできません。彼らを見舞った大惨事によって、ひどく苦しみ、そしてそれは今もなお続いています。できるだけ早い復活と再生を心から願い、このカモメの写真を載せます。これは、昨年、松島周辺をクルージングした時に撮った写真なのです。

Buona Pasqua a tutti! (祝復活祭!)

‥‥‥

バルはイタリア人であるために一応はクリスチャンではあるが、
信心という点で言えば、実際にはノンクリスチャンと言って良いと思う。
でも、やはり文化としての復活祭というものは大切なんだな、
ということに気付かされる。
それは、育ちの中で、家庭の中で、あるいは街として、国として、
復活祭というものがしっかりと文化として根付いているからなんだなと。

そういうのって何だかいいな、と思う。

前にも書いたが、私はどちらかと言えば、そうしたものを無視しがちで、
季節行事はついついナマケモノであるがゆえに「パス!」。
形式的なものなんて意味がない、と言い訳し、
(形式的になるか実際に意味あるものになるか、はその人次第ですよね)
できれば冠婚葬祭でさえ避けたい、というけしからん輩である。

そういう私の人生にバルが現れたことで、
ちょっとそれまでの私の人生とは色合いが違ってきたな、と思う。
バル自身が日本のそうした季節行事に関心があるわけではないので、
(何よりも、私がそれを大切にして教えることをしないので)
そこはすっ飛ばすことに違いはないのだが、
イタリアの季節行事(宗教行事も含めて)は大切にしているので、
そうしたものに触れて、何かそのための特別なことをする、
という生活になったのは、何だか変だけれど「ありがたいなぁ」と思う。

Colombaなるケーキを作る、ということ一つとっても、
何だかいつもと違う、何か特別な意味のある一日なんだな、と感じる。
それはちょっぴりうきうきする。
 
 

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2011/04/24】 |  Italia / イタリア | COMMENT(0) |


VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Baru & Ran

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。