暮らしを楽しむ♪ Italiano & Giapponese
作った料理、観た映画、聴いた音楽、撮った写真、日々のあれこれ、離れて想うイタリア... (since '09/05)  

Il nostro blog e' scritto in Giapponese dalla mia compagna e in Italiano da me.

Raccomandiamo di andare a leggere anche i VECCHI articoli!

Inoltre cliccando sulle foto si apriranno a tutta pagina.

E per favore VOTATE, tutti i giorni!

*幾つかの写真はクリックで拡大し、再クリックで戻りますので、是非お楽しみください*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【--/--/--】 | スポンサー広告 |
Luna e Fuji/月と富士山
今日は、先週にバルが撮影した写真と、そのイタリア語記事を先に。

Luna e Fuji/月と富士山
Luna e Fuji/月と富士山
Luna e Fuji/月と富士山

Ci scusiamo anzitutto per la prolungata assenza, ma e' un periodo parecchio indaffarato per entrambi, ed il blog passa necessariamente in secondo piano.

Alcune foto della settimana scorsa, quando la mattina, col cielo sereno, ho notato che la Luna andava a tramontare piu' o meno sulla punta del Monte Fuji. Coincidenza notevole, quindi ho preparato la macchina sul treppiede ed ho montato un obiettivo Nikon autofocus da 300mm, apertura F4.
Piu' tardi l'aspettativa non e' stata tradita, se non forse da una notevole foschia che ha reso difficile staccare l'immagine della Luna dallo sfondo del cielo, ma con un po' di elaborazione al computer si puo' comunque vedere abbastanza bene.

Luna e Fuji/月と富士山
 
 
人気ブログランキングへ ←click, please! :-)


バルも私も忙しい時期が重なり、ネタはあるのに更新が滞る日々。
その間、訪問してくださった皆様、ごめんなさい!
まだ、余裕のない我々(とは言え、映画はほぼ毎晩鑑賞中!ehe,ehe)。
本日の更新は短い(我が駄文を重ねるよりもよし?)。

写真は、先週のもの。
朝の澄み渡った青空をいつものように一服がてら眺めていたバル。
月と富士山のランデブー(?)を発見。

急いで私を呼んで見せてくれた後、
三脚を準備し、Nikonのオートフォーカス300mmレンズF4で撮影。

期待していたほど良くは映らなかったけれど、
PCで少し修正をして、お届け。
月がだんだんと富士山に近付いていき、最後にはその麓に沈んでいく。

雲一つない空の青さと光を背景とした、月と富士山に積もる雪の白。
人が造り出すことのできない美しさ。
 
スポンサーサイト

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2011/02/03】 |  Giappone / 日本 | COMMENT(2) |
Bach e Segovia: Gavotta in Rondo'/バッハとセゴビア
本日2/11、日本語部分を書き足しました!

静かな夕べ...音楽を楽しみつつ、涙を流しつつ(!)、
バルからイタリア語記事をまずはお届け。
‥‥‥


Bach e Segovia

Johan Sebastian Bach fu uno dei piu' grandi compositori di tutti i tempi, un grandissimo artista che visse tutta la sua vita in un ristretto spazio geografico (non si mosse mai dalla natia Germania, anzi visse in una piccola zona della Germania), compose musica in modo molto umile e modesto alla stregua di solerte impiegato che la sera si ritira per la cena e per le gioie familiari (numerosissima la famiglia ed i figli avuti da due diverse mogli, molti di essi a loro volta compositori) ed il giorno dopo si rimette umilmente al lavoro.
Musica barocca, quella composta da Bach, da chi non la conosce (o non la capisce) definita 'noiosa', perche' molto formale e rigorosa, come un teorema matematico... Nulla di piu' errato, a mio modo di vedere, perche' la piu' grande creativita' appare proprio dove la forma e' rigorosa, proprio come in Matematica.
E, sul fatto che di conseguenza Bach dovesse essere una persona 'noiosa'... anche qui direi che nulla e' piu' lontano dalla realta': chi ci segue trovera' facilmente montagne di informazioni sulla vita di Bach, per esempio su Wikipedia: http://en.wikipedia.org/wiki/Johann_Sebastian_Bach, ma basta aggiungere che Bach amava ritrovarsi con gli amici in trattorie e simili, a bere bei boccaloni di birra, fumare la pipa e chiacchierare allegramente.





Benche' la Partita BWV 1006 fosse stata composta da Bach per violino, il piu' grande chitarrista di tutti i tempi, il grande Andres Segovia, giustamente chiamato 'Maestro', la trascrisse per chitarra. Nel video di youtube Segovia esegue la 'Gavotta in Rondo'', che e' il terzo movimento della Partita, a partire da 2'24" (se avete fretta, potete andare subito al punto indicato).
Noioso Bach? E l'esecuzione di Segovia? E' strano che ogni volta mi riesca difficile trattenere le lacrime, o evitare di fischiettare. Uno dei commenti al video e' di un chitarrista professionista, il quale giustamente osserva che come Segovia nessun altro ha mai suonato la chitarra. Grazie Bach, grazie Maestro Segovia!
Buon ascolto a tutti.


人気ブログランキングへ ←click, please! :-)


(以下、ちゃんとした訳ではないのですが、おおよそを日本語でご紹介)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685 - 1750)は、生涯を出生地であるドイツに留まり、穏やかに暮らした人物です。その生活ぶりは、勤勉な勤め人のように、夕方には仕事を終えて、大家族(病気で亡くなった前妻とその後に出会った妻との間に多くの子どもたちがいて、何人かはやはり作曲家となっている)と共に夕食を楽しみ、そして翌日にはまた仕事をして、という日々であったようです。謙虚な人柄がその暮らしぶりと音楽に現れているように思えます。

このような彼が生み出す音楽は、音楽というものを理解していない人からすれば、まるで数学的な定理のようなもので、退屈であると評されてしまうかもしれません。確かにバロック音楽には形式における厳しさがあると言えるでしょう。しかし、その厳しさの中にこそ真の創造性があるのです。それはまさに数学と同じなのです。

バッハについては、あちこちに情報があります(その一つがwikipediaで、日本語なら: http://ja.wikipedia.org/wiki/ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、英語なら: http://en.wikipedia.org/wiki/Johann_Sebastian_Bach、を参照してみてください)。それはそれとして、バッハの日常には、先述のような穏やかな暮らしと同時に、街中で友人と大ジョッキのビールを飲み、パイプをいぶし、会話を楽しむ、豊かな時間があったようです。

そして、彼の作品の一つ、パルティータ第3番ホ長調BWV 1006(=バッハ作品目録Bach Werke Verzeichnis の1006番)は、ヴァイオリン独奏のために作曲されたものですが、偉大なアンドレス・セゴビア(Andrés Segovia, 1893 -1987)はこれをギター用に編曲し、演奏しました。セゴビアはまさに「マエストロMaestro」の称号に相応しいギタリストです。先に載せたYouTubeの演奏ビデオのちょうど2'24からは、有名な、素晴らしく美しい旋律の「ロンド風ガボットGavotta in Rondo'/Gavotte en Rondeau」が始まります。退屈なバッハ?セゴビアが台無しにした?...そんな批判は見当違いなのは一目瞭然!そして、どういうわけか、私はセゴビアの演奏でこの曲を聴く時、涙が出ることを抑えられないのです。あるいは、思わず口笛を吹くことを止められないのです。 <ちなみに、イタリア語記事を私に英訳しながら私に話している傍から、既にバルは涙...話すだけで泣けるって...心って、涙腺って不思議ですね!こういう瞬間のバルの心は綺麗だよなぁ、と感心すると同時に、薄汚れた私までちょっぴり洗われる気がする...のは気のせいですね!はい :-) > このYouTubeの演奏ビデオにはプロのギタリストがコメントを寄せていましたが、それはとても的を射ているように思いました。バッハに、そしてセゴビアに感謝します。

ではでは皆様も音楽を楽しむ良い時間を!
 
 

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2011/02/10】 |  Musica / 音楽 | COMMENT(8) |
La Collina/The Hill/丘
本日2/21、日本語部分を書き足しました!

バルからイタリア語記事をまずはお届け。日本語はまた後ほど!
‥‥‥

La Collina/The Hill/丘

In realta' il titolo italiano di questo capolavoro di Sidney Lumet del 1965 e' 'La collina del disonore', dal titolo originale 'The Hill'. Una interpretazione maiuscola di tutti i protagonisti, Sean Connery incluso, ma soprattutto una grandissima prova di regia, di abilita' narrativa e di fotografia del grande Maestro Sidney Lumet.
Rivedendo qualche giorno fa assieme alla mia compagna questo magnifico film, dopo parecchi anni, mi e' immediatamente venuto in mente il paragone con il piu' grande regista di tutti i tempi, l'inimitabile Stanley Kubrick. L'uso ad esempio dei piani sequenza e del movimento di macchina, del grandangolo per drammatizzare ed esasperare il rapporto tra primo piano e sfondo, le inquadrature dal basso e dall'alto, ed ovviamente il simbolo principe della stupidita' di tutto cio' che ha a che fare con la guerra: la collina. Per non parlare poi dell'uso deliberato ed esaperato nei contrasti del bianco e nero (nel 1965 gia' da tempo quasi tutti i film erano a colori): l'atmosfera risulta ancora piu' tagliente e drammatica, e non esistono vie di mezzo, mezzi toni, grigi.



A ben voler vedere questo film non e' solo contro la guerra, dato che in effetti tutta la vicenda si svolge lontano dalle operazioni belliche, dalla guerra vera e propria, in un carcere militare, ma contro la logica militare in generale, contro i rapporti umani dettati dalla logica delle regole e del potere, nel quale sia chi lo esercita che chi lo subisce si ritrova a vivere un paradosso, una contraddizione, e non c'e' via d'uscita, non c'e' soluzione, a meno di essere irrimediabilmente sadici come il terribile e malato Sergente Williams.

Un capolavoro da riscoprire questo film, un capolavoro che, come altri capolavori, e' passato quasi inosservato e non ha vinto nemmeno un oscar. Lo stesso Lumet, regista alquanto discontinuo nella sua carriera, ma comunque autore di altri grandi capolavori come '12 Angry Men (La parola ai giurati)', 'The Pawnbroker (L'uomo del banco dei pegni)', o 'Fail Safe (A prova d'errore)', non vinse mai un oscar. Poco male, verrebbe da dire, visto che spesso Lumet e' comparato per stile ad altri grandissimi della storia del cinema, come Hitchcock e Kubrick, i quali pure (ma guarda un po') non vinsero mai l'Oscar!
Buona visione a tutti!



人気ブログランキングへ ←click, please! :-)
 
 
映画三昧な我々。が、予告した「観たもの全てを記す企て」はどこへやら。
やっぱり無理だったか...(追いつかない勢いで観ているから、と言い訳しておこう)

さて、そこで、お腹にズッシリ、と来た映画を一つご紹介。
原題は『The Hill』(アメリカ1965)、邦題は珍しくそのままに『丘』であるが、
伊のタイトルはなかなかセンスある解釈を含んだ『La collina del disonore』で、
訳すと『不名誉な丘』となる。

日本では、映画のタイトルが、原題を大幅に無視して、酷いものになることがある。
(つい最近も『One Hour Photo』(アメリカ2002)という映画を観たのだが、
この邦題が酷い...『ストーカー』て...なんでそんな邦題にしちゃったのやら...!
深みのある孤独のテーマを描いているのに...広告戦略としてどうよ?)
イタリアも時々そういったことがあるらしいのだが、今回は「◎」である。

この映画、Philly出身(わーい!)の監督Sidney Lumet(1924-)の作品。
日本語のwikipediaには、この映画に関する記載がない。
ということは、日本ではあまり有名な作品ではないようだが、
主演はショーン・コネリーSean Conneryである。
どの役者も素晴らしいのだが、とりわけ悪役のウィリアムズ軍曹が観ている側の
心をむかつかせ、ざわつかせ、重たくさせる点で秀でている気がする。

バル曰く、
カメラの動かし方、前景と背景のコントラストを劇化させる広角レンズの使い方、
戦争の愚かさを象徴する丘、というメタファーの使い方、
グレーという中間を排した、白黒の強いコントラストによる印象的な映像...
そういったものにスタンリー・キューブリックを連想する、と。
この時代、既にカラー映画が主流であったにもかかわらず、
この作品は白黒で撮影され、狙い通りに作品に独特の効果を与えている。

明らかに戦争批判をしているものの、実際には戦争そのものは出てこない。
軍刑務所の中が舞台である。
馬鹿げた軍の規律、論理、そこに歴然とある権力と暴力が描かれている。
権力を振るうものと、振るわれるものとがいるが、
その両者ともに馬鹿げた軍の規律と論理に縛られて身動きが取れないという、
出口なしの状態にあり、心身ともに追いつめられていく。
人間の愚かさ、人間の作った規律と論理の脆さがそこに垣間みられる。
ただ一人、ウィリアムズ軍曹だけは、おそらくそもそものサディズムがゆえに
軍の規律と論理ではなく、自身の病理にあくまでも動かされ続ける。
それが最後になるまでずっと暴かれずに済んでしまう恐ろしさも感じる。

監督Sidney Lumetによる作品には、他にも優れたものがある。
『12 Angry Men(La parola ai giurati/12人の怒れる男)』
『The Pawnbroker(L'uomo del banco dei pegni/質屋)』
『Fail Safe(A prova d'errore/未知への飛行)』
であるが、今回の『The Hill(La collina del disonore/丘)』もそうだが、
オスカーは受賞していない。

バル曰く、
Sidney Lumetはヒッチコックやキューブリックと比較して論じられる時点で、
既にその監督としての能力は認められていると言えるわけで、
彼自身にとってはオスカーは大きな問題ではないけれど、
オスカーがいったいどういうものか、ということをよく表している、
という証拠の一つとして言及せずにはいられない、らしい。
何しろ、ヒッチコックやキューブリックもまたオスカーを受賞していないし!
というわけである。

バルはこの映画を随分と昔に観て、とても心に残ったらしい。
今回、私に観せたくて探してくれたのだが、音声・字幕ともに英語で、
特に字幕を読むのが追いつかない早さであるのと、軍隊独特の表現があるために、
細かには理解しきれないのが正直なところ。
それでも、拘らずに大きく捉えて観ていくことができる。
それは多分に、この映画が感情に深い部分で訴えるものがあるからだと思う。
とは言え、日本語字幕で是非もう一回観たいな、と思っている。

皆さんもどうぞ楽しんでご覧ください!
 
 

   
人気ブログランキングへ ←閉じる前におひとつクリックをお願いします♪

    ↑ Grazie per il vostro voto! ;-)

【2011/02/20】 |  Cinema, Film / 映画 | COMMENT(3) |


VOTA IL NOSTRO BLOG!

   
人気ブログランキングへ         ↑        

励みになるのでranking参加中!訪問の足跡がわりにクリックお願いします♪毎日応援してくださると嬉しいです。

Il pulsante sopra serve a votare il nostro blog: cliccatelo e nella pagina che si apre trovate il titolo del nostro blog (in italiano, in mezzo a titoli giapponesi). Cliccate sul titolo e ritornerete al blog. Grazie di cuore! Soprattutto dalla mia compagna, che fa gran parte della fatica per aggiornare il blog (smack a lei). E ricordatevi di votare TUTTI I GIORNI, da quanti piu' PC potete!



Profile/Profilo

Author:Baru & Ran

blog ranking

 
*Baru= イタリア語部分の書き手。日本在住のイタリア人。北イタリア(ピエモンテ州)出身、南イタリア、ローマ在住を経て、ひょんなことから日本へ。何であれ手間ひまかけて作ることを厭わない星人。チェスと芸術と科学とイタリア/ピエモンテ食文化をこよなく愛し、語り出したら誰にも止められない...!
*Ran = 日本語部分の書き手。日本人。眠りと寛ぎに幸せを感じる怠けもの星人。世の中知らないことだらけ。

Italiano io, originario del Piemonte, ma ho speso piu' di venti anni a Roma. Ora, dopo una breve parentesi americana, vivo in Giappone con la mia adorabile compagna, per una serie di fortunati eventi ;-).
Amo a tal punto l'arte, la cultura, il cibo e la cucina italiana (soprattutto piemontese) che non posso smettere di parlarne (come sostiene la mia compagna). Cosi' qui ne scrivo...
La mia compagna e' un'adorabile 'donna in carriera' giapponese, che nella segreta vita privata... ama dormire, rilassarsi pigramente e apprezzare le piccole e grandi cose del quotidiano vivere... assieme!
 



Counter

Locations of visitors to this page



Hamster

可愛いハムスターくんをお楽しみください。クリックすると餌をあげることができ、車輪の真ん中をクリックすると再び走り出します♪   

↑  Watch him run on his wheel, drink water, and eat the food you feed him by clicking your mouse. Click the center of the wheel to make him get back on it.



Categories



Weather

ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/



Recent Comments

コメントありがとうございます!

(URLは個人のブログに限り書き込んでください。 商業的内容を含むサイトのURLと判断した場合には、 コメントを削除しますので、URL記載は注意ください)



Neko-ondokei

サービスが終了してしまったようで、温度計の役割を果たしてくれなくなってしまいましたが、猫たちがあまりに可愛いので、そのまま残すことにしました。気ままな彼らの様子を楽しんでくださいませ。



Favorite Blog / Link

リンク歓迎です!



English w/ Illustration

絵をクリックすると辞書にリンク!



Recent Entries



Penguins

マウスの方に向って歩いてきます♪



Monthly Archive



How many days



Photoscope∀



Search



QR Code

QR



RSS





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。